採用と推しの好感度ゲット!ふつおた文章術&心理テクニックまとめ

「ラジオメール」や「ふつおた」を採用されるために使っている文章の書き方や心理テクニックを解説。推しの好感度アップで認知もされる
ふつおた文章術
スポンサーリンク

推しの番組「ふつおた」が採用される
至福の瞬間です。

推しに認知される。
これからの人生でも、これ以上の喜びを感じることは多くないでしょう。

この記事では「ふつおた作り」に欠かせない、

  1. わかりやすい文章を書くポイント
  2. 推しに親しみを覚えてもらえる心理テクニック

について、お伝えします。
すぐに使えるものばかりなので、ぜひ活用してみてください!!

「ふつおたの採用率」と「推しからの好感度」がアップすること間違いなし!!

実際に

文章術と心理テクニックを使った結果、
「常連リスナーの仲間入り」と「推しからの認知」を達成しました!!

記事の最後で「ふつおた関連のおすすめ記事」をご紹介しますので、最後までお付き合いいただけると、めちゃくちゃ嬉しいです♪

スポンサーリンク

【文章術 21選】

「採用されるふつおた」は、わかりやすい文章であることが不可欠。
ある程度の文章力が求められています。

文章力を構成する要素は、

  1. 構成力
  2. 表現力

の2つで、それぞれ抑えておくべきポイントがあります。

採用されるふつおたを書くために必要なものを、確認していきましょう。

・構成力を伸ばすポイント9選

①書く前にまず構成を考える

とりあえず文章を書きたくなっちゃうのはわかります。
でもそれアウトです。

思うがままに書いても、
できるのは「何を伝えたいのかわからない文章」。

文章を書くことを「旅行」に例えると、
構成を考えることは「計画」になります。

旅行をすることになったら、
ふつうは計画を立てますよね。

  • 移動手段はなにか
  • 所要時間はどれくらいか
  • どんなことをして過ごそうか

など考えて、旅行の準備をするはずです。

文章の構成を考えず、いきなり文章を書くことは、
なんの準備もせずに旅行に行っちゃうのと同じです。

無計画なので、いきあたりばったり。
時間だけが過ぎていく旅行。
そんな有様の旅行は絶望しかないですね(笑)

「何を伝えたいのかわからない文章」は、
いわば「クソつまんない旅行」なんです。

では文章の構成を考えるにはどうすればいいのか。
「PREP法」を使えばいいんです。

②文章構成の有名なテクニック「PREP法」

PREP法とは
  • P:POINT(要点)
  • R:REASON(理由)
  • E:EXAMPLE(例え)
  • P:POINT(要点)

「PREP法」は最初と最後に「要点」を持ってくるテクニックで、
要点をつかめるため、相手は話を理解することがカンタンになります。

具体例は以下の通り。

わっしょいは、ミルクレープが大好きです。
クレープ生地のしっとりとした舌触り、
クリームの優しい甘さは病みつき。
ミルクレープが大好き過ぎて、
家の冷蔵庫には、かならず1ピース常備しています。
もうミルクレープなしでは、生きていけません。

この文章の「P:要点」は「ミルクレープが大好き」という部分ですね。

ミルクレープほんとうに好きなんですよ。
食べ方にはこだわりがありまして、
一枚一枚剥がして食べるのが好きなんです。

「PRP」でもOK

ちなみに「E:例え」の部分は省略できます。
まぁ例えがあったほうがわかりやすいですけどね。

このように「PREP法」を使えば、
相手にメッセージをしっかり伝えることができます。

③文章は書いたあと削るもの

(文章は一度書くだけで完成するもの)
そう思っている人もいますよね。

正直なところ、「採用されるふつおた」を一度で書き上げるのは難しいです。

「ふつおたのネタ」をもとに、まずは300文字ほど書く。
いらない部分を削ったり、よりわかりやすい言葉や表現に変えたりする。

そうしてふつおたが完成します。

引き算で作品を完成させる「彫刻づくり」と同じで、
ふつおた作りも言葉を引き算することで、シンプルな文章になります。

メッセージがくっきり浮かび上がってくるので、理解しやすいメールになります。

最初は時間がかかりますが、
慣れると呼吸をする感覚で、ふつおた磨きに取り組めます。

④メッセージは「1つの文章に1つだけ」

Photo by Pisit Heng on Unsplash

一つの文章にいくつものメッセージが書かれていると、
ほんとうに読みづらい。

あれもこれも伝えたい気持ちはわかりますが、
「一つの文に、一つの意味」は厳守です。
かっこよく言えば「一文一意」

ぐちゃぐちゃな文章は読むのは、ほんとうにきつい(苦笑)。

読むのがきつい文章は以下になります。

わっしょいは朝起きて、大好きな牛丼を食べに外へ出たが、
読みたかったマンガの最新巻が発売されていることを思い出して、
本屋に向かうも売り切れていたため、食べた牛丼はいつもより優しい味だった。

(で、結局なにが言いたいの?)
ってイラッとするやつですね(苦笑)。

一文一意にして、読みやすくなった文章はこちらです。

わっしょいは朝起きて、大好きな牛丼を食べるために外へ出た。
読みたかったマンガの最新巻が発売されていることを思い出して、
本屋に向かう。しかし、すでに売り切れていた。
その日食べた牛丼の味は、いつもより優しく感じた。

しょーもない内容ですが、最初の文章よりわかりやすくなりました。

ルンルン気分で牛丼食べに行ったんですよね。
そしたら途中の本屋を見て、思い出したんですよ。

(あぁ『ぐらんぶる』の最新巻買わなきゃ)
そうしたら無くて。
発売日からだいぶ時間経ってたから、売り切れてて。
わっしょいの心はディープブルー。

「かつぶしオクラ牛丼」の優しい味が傷心にしみたんだ。

⑤長さは「一文あたり50~70文字」

「一文一意」について、すでに見てきました。
そこで気になってくるのは、一文あたりの文章量ですよね。

今まで、多くの文章術に関する本を読んできましたが、
文章量については、どの本もだいたい同じでした。

結論としては、
ストレスなく読めるのは、一文あたり50~70文字。

50~70文字が読みやすいと言われても、
まったくピンと来ないですよね(笑)。
例えばこんな感じの文章です。

わっしょいは、料理を食べるのも作るのも大好きで、
休日は料理を大量に作って大食いするのが趣味なんですけど、
この間チャーハンを三合分炒めていたら手首を痛めて、
(お前「いためる」のはチャーハンだけにしとけよ)
って自分にツッコんじゃいました。(117文字)

ん~読みづらい(笑)。
これを一文の長さを50~70文字に調整してみると…

わっしょいは、料理を食べるのも作るのも大好き。
休日は、料理を大量に作って大食いするのが趣味なんです。(50文字)

そういえばこの間チャーハンを三合分炒めていたら手首を痛めて、
(お前「いためる」のはチャーハンだけにしとけよ)
って自分にツッコんじゃいました。(70文字)

だいぶ読みやすい印象になりました!!

⑥「読点(、)」で読みやすさアップ

読みやすい文章は「読点(、)」を使うことで誤読を防いでいます。
誤読を防いで読みやすい文章にするには「意味の切れ目」を意識して「、」を使いたいところ。

例文で確認してみましょう。

(例)田中と友達の鈴木が僕の部屋にやってきた。

どうですか?部屋に遊びにきたのが誰なのか、パッと見て理解できましたか?
二通りの解釈ができましたよね?

  • 部屋にやってきたのは「田中」と「友達の鈴木」の二人
  • 部屋にやってきたのは 「田中と友達である鈴木」の一人

何度読み返しても、どちらの意味なのかわからず、前後の文脈から判断せざるを得ません。
文章を読み返すのって結構なストレスですよね。

文章に必要なのは一つの解釈だけ。
他の解釈をさせないためにも「意味の切れ目」を意識する必要があるんです。

例文を修正したのがこちら。
①田中と、友達の鈴木が、僕の部屋にやってきた。

田中
田中

…ども

鈴木
鈴木

やっほ~

いらっしゃーい


②田中と友達の鈴木が、僕の部屋にやってきた。

鈴木
鈴木

やっほ~

え?ちょ…だれ?

このように「、」の使い方によって、文章は圧倒的に読みやすくなります。
ぜひ「意味の切れ目」 を意識して「、」を使ってみてください!!

⑦改行で余白スペースを作る

「読みやすい文章構成」や「わかりやすい言葉」で書くのが、ふつおたの基本。
より良いふつおたにするには「改行を使う」のも不可欠です。

  • 例文:改行なし

    ジェイソンとマックスは一緒に近所の映画館に行った。ジェイソンは入場チケットを、マックスは飲み物とお菓子を買うべく二手に分かれる。マックスがコーラとポップコーンの出来上がりを待っているときに女性に話しかけられた。かつて告白してフラれた女性―キャサリン―が近づいてくる。気まずさをごまかすためマックスは元気にあいさつをした。人懐っこい性格のキャサリンは楽しそうに会話を始める。そんな彼女と話しているとマックスは痛感する。やっぱりキャサリンのことが好きだと。彼女の隣で何気ない日常を楽しみたいという願望が芽生えた。ジェイソンがチケットを買い終えてマックスたちに合流する。キャサリンはマックスたちに笑顔で別れの挨拶を告げ、人混みに消えていく。
  • 例文:改行あり

    ジェイソンとマックスは一緒に近所の映画館に行った。
    ジェイソンは入場チケットを、マックスは飲み物とお菓子を買うべく二手に分かれる。

    マックスがコーラとポップコーンの出来上がりを待っているときに女性に話しかけられた。
    キャサリン―かつて告白してフラれた女性―が近づいてくる。
    気まずさをごまかすためマックスは元気にあいさつをした。

    人懐っこい性格のキャサリンは楽しそうに会話を始める。
    そんな彼女と話しているとマックスは痛感する。

    やっぱりキャサリンのことが好きだと。

    彼女の隣で何気ない日常を楽しみたいという願望が芽生えた。
    ジェイソンがチケットを買い終えてマックスたちに合流する。
    キャサリンはマックスたちに笑顔で別れの挨拶を告げ、人混みに消えていく。

余白の力を使うことで、見た目的にもわかりやすいふつおたにできます。

さらにもう一歩

強調したい文がある場合、あえて前後を改行して目立たせるのも有効です。
例文では「やっぱりキャサリンのことが好きだと」の前後に余白を作って強調しています。

⑧漢字とひらがなの黄金比は「3:7」

文章術に関する本を10冊以上読んできましたが、
多くの場合、漢字とひらがなの割合は「3:7」が最も見やすいと書いてありました。
この黄金比、実際に確認すると見やすさは一目瞭然です。

  • 林檎と葡萄も好きだけど、四川風麻婆豆腐が一番好物(漢字:ひらがな 7:3)
  • りんごとぶどうも好きだけど、四川風マーボー豆腐がいちばん好物(漢字:ひらがな 3:7)

後者のほうが見やすいですよね。
ちなみに漢字とカタカナの割合を「3:7」にしてみると…

  • リンゴトブドウモ好キダケド、四川風マーボー豆腐ガイチバン好物(漢字:カタカナ 3:7)

なぜか、カタコトの日本語を話す中国人のお兄さんの笑顔が思い浮かびました。

⑨何度も読み返す

読んだ文章を確認するのって、本当に大切です。
時間をおいてから見直すことで、
おかしな部分に気づけるんですよね。

  • 主語・述語の関係の違和感
  • 誤字脱字
  • 間違った言葉や表現
  • 文章のリズム感

などなど。
しっくりくる言い回しを閃いたりもします。

見直すことで、文章はより良いものになる。

某大物アーティスト風に言えば、

何度でも
何度でも
何度でも
繰り返し読めよ
推しのために
その目乾くまで

なんども見直して、
いい言葉や表現を思いついちゃってください!!

夢は叶う!!

・表現力を伸ばすポイント12選

①主語と述語を対応させる

「ねじれ」とは、主語と述語が正しく対応していない状態です。
ねじれを解消した文章は、圧倒的に読みやすくなります。

ねじれている文章は以下のようなものです。

例文
ウィルソンの特技は、日本語を話します。

(ん?)
違和感のある文章ですよね。

主語と述語を対応させて、ねじれを解消させた場合、以下のようになります。

例文
ウィルソンの特技は、日本語を話すことです。
ウィルソンは、日本語を話すことが特技です。

主語と述語のねじれが起こるのは「文の構造が複雑すぎること」が原因です。
つまり、重文や複文でねじれは起こりやすいということ。

もっと長文で「ねじれ状態」を確認してみましょう。

例:ジョンは焼きそばパンを買いに行きますが、アンナの仕事は観客が帰ったあと、忘れ物をチェックして、野球場の清掃を行います。 

主語と述語の組み合わせがいくつかあり、やや複雑な構造のため、理解しづらい文章です。

ねじれ解消を解消させたのが、こちら。

例:ジョンは焼きそばパンを買いに行きます。アンナの仕事は観客が帰ったあと、忘れ物をチェックして、野球場の清掃を行うことです。

文章が長くなってしまった場合。
無理に一文で説明しようとせずに、複数の文で説明してみましょう。
わかりやすい文章になりますし、リズムも生まれるので読みやすくなります。

②係り受けの距離は近くに

「係る言葉」と「受ける言葉」が離れすぎていると「関係性がわかりにくい文章」になります。
ひと目見て、どういった内容の文章なのか掴めない、そんなふつおたはストレスでしかありません。

「係り受け」には、

  • 主語と述語
  • 修飾語と被修飾語

の関係があります。

【主語と述語】

主語と述語が遠い文章は、わかりにくくなります。

  • NG
    ボブは、マリアからもらったプレゼントの箱を開けた
  • OK
    マリアからもらったプレゼントの箱をボブは開けた

係り受けの関係である「ボブ(主語)」と「開けた(述語)」を近づけることで、読みやすい文章になりました。

【修飾語と被修飾語】

修飾語と被修飾語が離れている文章も、わかりにくい文章の典型例です。

  • NG
    丁寧にマリアからもらったプレゼントの箱を、ボブは開けた
  • OK
    マリアからもらったプレゼントの箱を、ボブは丁寧に開けた

係り受けの関係である「丁寧に(修飾語)」と「開けた(被修飾語)」を近くなったため、意味がわかりやすくなりました。

ポイント
  • 修飾語:言葉をより具体的に説明するもの
  • 被修飾語:修飾語によって、具体的に説明されるもの

「係り受けの言葉」を近くに置くだけで、抜群に読みやすい文になります。
読み手もストレスを感じずに済むので、書き手に好印象を持ちます。

③助詞

助詞は、単語と単語の関係を示したり、さまざまな意味をそえたりする役割を持っています
助詞を正しく使えれば、伝わるふつおたを書けるようになります。

助詞の役割は二つ。

  1. 語の関係を示す役割:「格助詞」と「接続助詞」
  2. 語に意味を添える役割:「副助詞」と「終助詞」

それぞれの役割を確認してみましょう。

格助詞

格助詞は主に体言(名詞・代名詞)に付いて、語と語の関係を表します。

例文で格助詞の役割の一つである「主語を作る役割(が・の)」を見てみましょう。

(例)ボブ ハンバーガーを食べる。

「ボブ(名詞)」の後ろに「が(格助詞)」がくっついています。
例文が表しているのは、ボブとハンバーガーが「食べる・食べられる関係」ということです。

このように「格助詞は単語と単語のさまざまな関係を表す役割」を持っています。

接続助詞

接続助詞は主に活用語に付いて、前後の文節を様々な関係でつなぎ合わせます。
活用語とは、使われ方によって変化する単語のことをいいます。

活用語には用言(動詞・形容詞・形容動詞)と助動詞がある

用言と助動詞が変化する一例はこんな感じです。

  • 【動詞】行く→行った
  • 【形容詞】寒い→寒かった
  • 【形容動詞】きれいだ → きれいな
  • 【助動詞】させる →させた

接続助詞は、活用語の後ろにくっつくことで、文と文の間に意味を持たせる役割なんです。

例文:食べる眠くなる。

食べる(用言:動詞)の後ろに「と(接続助詞)」がくっついていますね。
例文の場合「食べる=眠くなる」という関係を示しています。

接続助詞が示す3つの関係性
  • 順接:ある出来事に対して順当な事柄が続くこと
    (例)眠いから寝よう
  • 逆説:ある出来事に対して順当ではない事柄が続くこと
    (例)眠いけれど、もう少し起きていよう。
  • 並列:文と文が対等に並んでいる関係のこと
    ※対等な関係=文の順番を入れ替えても意味が変わらないこと
    (例)ボブはコーヒーを飲みつつ、読書をする。
    (例)ボブは読書をしつつ、コーヒーを飲む。

副助詞

副助詞には、いろいろな種類の言葉にくっついて、さまざまな意味を与える役割があります。

【主な役割】

  • 強調ボブ「こそ」チームのエースだ。
  • 程度カツ丼を食べるのに30分「ほど」かかる。
  • 添加雨が降り、雷「まで」鳴りだした。

など、副助詞は、さまざまな意味を示します。

終助詞

終助詞も、さまざまな意味を表します。
「副助詞」との違いは、「終助詞」は文字通り「文の終わり」に付いています。

【主な役割】

  • 反語:何も行動できないままでよいのだろう
  • 呼かけ:恋の女神、我に力を与えたまえ。
  • 疑問:いま何をしているのです

など、終助詞も、さまざまな意味を示します。

助詞については、以下の記事で詳細をご確認ください!!

④体言止めを使う

「体言止め」は、文末を体言(名詞や代名詞など)で止めるテクニック。
リズムに変化をつけられるので、文章が読みやすくなります。

例文で体言止めを確認してみましょう。

  • 例文:私はラーメンを食べました。
  • 体言止め:私が食べたのは、ラーメン。

カンタンな文章ですが、リズムが大きく変化したのがわかります。
もう少し文章量の多いモノだと、よりリズムの変化を実感できます。

マンガや雑誌、ニュースなどから文章を抜き出して、
「体言止め」にぜひチャレンジしてみてください。

楽しいですよ体言止め♪

⑤倒置法を使う

「倒置法」は、文章を普通の順番とは逆にする表現テクニックです。
日本語の基本的な文法は「主語―目的語―述語」ですが、
これを倒置法で表現すると 「主語―述語―目的語」の順番になります。

  • 【基本文法】私はカレーを食べる。
  • 【倒置法】私は食べる、カレーを。

あえて、基本とは逆の順番で文章を書くことで、
リズムに変化を加えて、読み手にインパクトを与えられます

⑥比喩表現を使う

比喩表現を使えば、短い文章でイメージを伝えられちゃうんですよね。
「~のような○○」という表現でOKです。

小説のような小難しい比喩表現は必要ありません。
「おっぱい」のことを「たわわに実った禁断の果実」と表現する必要はないんです。

(例)彼女は「ヘスティアのようなおっぱい」だ。

これで十分。相手の頭にロリ巨乳が一瞬で浮かんだことでしょう。

そういえば、このあいだ赤坂を歩いていたらカッコいい車を見かけたんです。
アストンマーチンのようなんだけど、多分違う。

このカッコいい車を「~のような」で表現すると、
「ジェームズ・ボンドが好みそうな車」といったところですかね。

「車体が○○で、フォルムが○○で、エンジン音は〇〇だ」
って小説のような言い回しをされてもわかんないですよね。

『007』の主人公ジェームズ・ボンドの名前を出すことで、
かっこいい車のイメージをなんとなく掴んでもらえます。

イメージを伝えるその他のテクニック

形容詞(形容動詞)をつけることでも、具体的にイメージ可能です!!

⑦数字を使う

「読みやすい文章=イメージしやすい文章」だと言えます。

形容詞(形容動詞)や比喩表現を使うことで、
相手にイメージを上手く伝えることができます。

言葉以外に数字を使うことでも具体的なイメージを伝えられます。

例えば、

  • 「多くの人々」ではなく「100人の人々」
  • 「圧倒的な支持率」ではなく「90%の支持率」

数字を使うことで「規模感」がわかるので、イメージをよりしやすくなります。

また「中途半端な数字」を使うと、説得力がさらに増します。
細かい数字を使っている人は「真面目な印象」を受けるため、
その分「信頼性」も高く感じるようです。 

例えば、

  • 定食屋さん、100店舗以上を食べ歩き
  • 定食屋さん、107店舗を食べ歩き

後者のほうが、細かい部分にまで注意を向けられそうで、より信頼できそうな印象ですよね。

数字は「ときに大まかに、ときに細かに」、状況に合わせて見せ方を変えるのが効果的です。
ぜひ数字のパワーを使いこなして「より読みやすい文章」を書いちゃってください♪

⑧「」を使う

「」(かぎ、かぎ括弧)の主な使い方には、

  • 文章中の会話の始めと終わりにつける
  • 強調(区別)したい文章や語句を囲む

があります。

(例)会話文
「どうすればキャサリンと付き合えるかな?」
神妙な面持ちのマックスが、言った。
「彼女、ボブと付き合ってるんだろ?ならボブより良い男になるしかないだろ」
質問に答え終えたジェイソンが、ハンバーガーをかじる。

(例)強調文
「キャサリンと付き合う方法」を、マックスが神妙な面持ちで聞く。
キャサリンの彼氏になるには、彼女の今カレである「ボブよりも良い男」になるしかない。
そんなアドバイスを言い終えたジェイソンが、ハンバーガーをかじる。

「」を使って会話文にしたり、言葉を強調(区別)したりすれば「読みやすい文章」になります。
ぜひ「」を使ってふつおたを書いてみてください!!

『』(二重かぎ括弧)の使い方

引用や参考にした書籍や定期刊行物を囲むために使用。(論文や作品名は普通のかぎを使う)

⑨同じ文末を繰り返さない

文末に同じ言葉が続くと相手に退屈な印象を与えてしまいます。
もし、文末に同じ言葉を3連続で使っていたら、言葉や表現を変えましょう。

(例)ボブはカレーを食べています。
   そのカレーを作ったのはキャサリンです。
   牛肉にじゃがいも、にんじん、たまねぎが入ったカレーです。

(例)ボブが食べているのはカレーです。
   それを作ったのはキャサリン。
   牛肉にじゃがいも、にんじん、たまねぎが入ったカレーです。

「です・ます調」や「である調」は語尾が単調になりやすいため、
倒置法や体言止めなどを使って、語尾にアクセントを入れましょう。

⑩指示語を使いすぎない

指示語は長い名詞などを短く表記できるので、使い勝手が抜群。
指示語の言葉は、その頭文字を取って「こそあど言葉」と呼ばれています。

  • これ
  • それ
  • あれ
  • どれ

便利な指示語ですが、使いすぎると抽象的で意味不明な文章になってしまいます。

(例文)
私は、食べることが大好きで、外食したり、お取り寄せしたりして食を楽しんでいます。
それをするためなら、お金をいくらでも使いたいと思っています。

「それ」が何を指してるのかわからない。
「食べること」なのか、「外食」なのか、「お取り寄せ」なのか…
抽象的すぎてモヤモヤする文章です。

(例文)
私は、食べることが大好きで、外食したり、お取り寄せしたりして食を楽しんでいます。
食べるためなら、お金をいくらでも使いたいと思っています。

「食べること」が大好き、そんな様子がハッキリ伝わってきますね。
美味しいものを食べて満面の笑みを浮かべている姿を、想像できちゃいます。

指示語を使うと、同じ言葉を繰り返し使わなくて済むので、文章がすっきりします。
回りくどさが無くなるので、ストレスなく読めちゃう。

ただ、指示語を使いすぎると意味が曖昧な文章になってしまう。
読み手をモヤモヤ、イライラさせないように指示語の乱用には気をつけましょう!!

⑪肯定文を使う

文章の表現には「肯定文」と「否定文」があります。

  • 肯定文:~する(した)、~できる(できた)
  • 否定文:~しない(しなかった)、~できない(できなかった)

例文で確認してみると、

例:肯定文
→ボブの活躍で、大一番の試合に勝つことができた。
例:否定文

→ボブの活躍がなければ、大一番の試合に勝つことができなかった。

2つの例文とも「ボブのおかげで大事な試合に勝てたこと」を伝える文章。

肯定文の方がわかりやすいし、読んでいて気分がいいですよね。
否定文の場合だと、わかりにくいし、読みづらいし、読み終わったときの気分は良くない。

表現もポジティブに

「ネガティブなこと」を「ポジティブな表現」で言い換えるようにしてください。
(例)電車でいちゃつくカップル→あえて反面教師役を買って出る勇敢な男女
推しに良い印象を与えたいなら「肯定文」や「ポジティブな表現」を使うのは必須!!

⑫かんたんな言葉を使う

推しにカッコイイところを見せるため、難しい言葉や表現を使う。
その気持ちはわかりますが、ぶっちゃけ逆効果

カッコイイと思われるどころか「頭が悪い」と思われるだけです。

文章に難しい言葉や表現があると、そちらに相手の注意力が持っていかれます。
内容に集中しづらいので、何の話かわからなくなる。

(こんなわかりにくい文章を書くなんて頭が悪いヤツが書いたんだな)
読みづらさによるイライラの矛先が向けられるのは、書き手。
また、思いやりも感じられないので、読んでいる相手に嫌われます。

相手から魅力的に思われたいなら「わかりやすい言葉や表現」に言い換える。
もっと具体的に言うと「小学校6年生」にも伝わるように。

言葉を変換する時は「難解な漢字」は避ける

例:然し→しかし、贔屓→ひいき
推す相手にもよりますが、
漢検三級(中学校卒業程度)~漢検五級レベル( 小学校卒業程度)が無難でしょう。

ふつおたを書くときは、わかりやすい言葉や表現を使う!!

【心理テクニック 3選】

「心理テクニック」を使うことで、相手に良い印象を与えられます。
親しみを覚えてもらえるので、もっと円滑なコミュニケーションが可能に。

今回は「推しからの親近感」が上がる心理テクニックを3つご紹介します。

・推しからの好感度を上げるポイント3選

①相手の名前を入れる

ふつおたやツイッターのリプなどに「相手の名前」を入れるだけで、
心の距離がグッと近づき、親近感を持ってもらえます。

このテクニックって、意外と効果あるんですよ。

先日、街中を歩いていて、女子二人組の会話が聞こえてきました。

○○くんってかっこいいよね~

あ、めっちゃわかる~

え?〇〇って俺の名前…え?

まぁ某イケメン俳優さんのことだったんですけどね(笑)

(ですよね~)
少しだけションボリ。
が、自分が褒められた感覚が強く、彼女たちに好感を持ちました。
まぁ私が単純なのは否定できませんが(笑)

なにはともあれ「相手の名前を使う」というテクニックは、十分な威力を持っています!!

彼女たちを見習って、ふつおたに「推しの名前」を入れるようにしてみてください。
採用される度に「親しみ」の感情が強くなっていき、
RNを読み上げるときに、推しが「喜びの反応」を示すようになります!!
ぜひお試しあれ!!

何度も名前を使うのは逆効果

ある実験で、初対面の男女に15分間会話をしてもらいました。
男性たちに女性の名前を6回以上呼んでもらうように指示。
女性たちの感想は「馴れ馴れしいし、うさんくさい」というネガティブな評価でした。
メールやリプに「推しの名前」を入れる回数は2~3回くらいが良さそうです。

②相手との類似性を強調する

「どんな人に親近感を覚えるか」
これを考えることも、推しに好かれるために必要です。

人は「類似性(共通点)」に惹きつけられます。

この現象は心理学用語で「ミラーリング効果」と呼ばれていて、
人は「自分と似た人」に好感を持つことが知られています。
わたしたちは、自分と似た人に「親近感(好感)」を覚えるんです。

私の場合、

  • スポーツが好き
  • アニメが好き
  • コーヒーが好き

なので、これらが好きな人に親近感を覚えます。

  • スポーティな格好の人がいると、何のスポーツが好きなんだろう。
  • アニメイトに吸い込まれていく人を見ると、何のアニメが好きなんだろう。
  • コーヒーを飲んでいる人を見ると、どんなコーヒーが好きなんだろう。

同じ価値観を持つ人たちに興味を引かれ、親しみを感じます。

推しに親近感を覚えてもらうには「類似性」を強調することが必須!!

ハイダーのバランス理論

「共通点が多いほど関係は良好になり、安定する」という理論。
試しに「親友との共通点」を数えてみると10個以上もありました。
そりゃ親友にもなりますよね(笑)。

③相手の口ぐせを使う

前項で「類似性(共通点)に人は惹きつけられる」というお話をしました。
ミラーリングを行うことで「推しの好感度が爆上がり」ということを一緒に確認しましたね。
そこで「ある疑問」が浮かんだ人もいると思います。

(毎回毎回、都合よく推しをミラーリングできるわけ無いでしょ…)
おっしゃるとおり。
毎回「推しとの類似性(共通点)」を探し出すことは出来ません。

そんなとき、やってほしいのは「ミラーリングを作り出すこと」。
一番カンタンなのは「推しの口ぐせ」を使って文章を書くことです。

「口ぐせを真似る」だけでも「ミラーリング効果」を発揮できます!!
相手に好印象を残せますよ!!

【まとめ】

「伝わる文章の書き方」はこちら

「ふつおたのネタ」を見つける方法はこちら

「採用されているふつおたの書き方」はこちら

【採用されているふつおたの書き方】すぐ使える常連リスナーの文章術
推しに「ふつおた」を読まれたい方必見! この記事では「採用されているふつおたの書き方」を解説!! 実は「ふつおた」って、たったの3ステップで書けちゃうんです。 この記事を読めば「推しに読まれるふつおたの書き方」がわかっちゃいますよ♪

「推しの印象に残るRNの考え方」はこちら

【参考文献】

【文章術】

  • 『TEDトーク 世界最高のプレゼン術』ジェレミー・ドノバン (著)
  • 『才能に頼らない文章術』上野郁江 (著)
  • 『人を操る禁断の文章術』メンタリストDaiGo (著)
  • 『心理学者が教える思いどおりに人を動かすブラック文章術』渋谷 昌三

【心理テクニック】

  • 『影響力の武器』(著)ロバート・チャルディーニ
  • 『ワルい心理学』監修 渋谷昌三
  • 『今日から使える心理学』渋谷 昌三 (著)
  • 『50の心理実験』清田予紀

【その他】

コメント

タイトルとURLをコピーしました