【外野手編】WBC2023注目選手紹介!トラウトらメジャーリーグオールスター級勢ぞろい

WBC2023注目選手「外野手編」。 マイク・トラウト(アメリカ)、ムーキー・ベッツ(アメリカ)、フアン・ソト(ドミニカ)、ジョージ・スプリンガー(プエルトリコ)、フリオ・ロドリゲス(ドミニカ)、ラーズ・ヌートバー選手(日本)。
話題のニュース

3月に開幕を迎える「WBC2023」。
メジャーのスーパースターたちが各国代表候補に名を連ねています。

今回は「WBCで注目の外野手」をご紹介。
出場国からイチオシの代表候補選手をお伝えしていきますよ♪

プレー動画もご用意したので、彼らのスゴさを体感しちゃってくださいね♪

スポンサー広告

【マイク・トラウト選手らMLBの好打者勢ぞろい】

WBC2023注目選手「外野手編」。 マイク・トラウト(アメリカ)、ムーキー・ベッツ(アメリカ)、フアン・ソト(ドミニカ)、ジョージ・スプリンガー(プエルトリコ)、フリオ・ロドリゲス(ドミニカ)、ラーズ・ヌートバー選手(日本)。

WBC2023に出場するであろう外野手は、マイク・トラウト選手を筆頭に超一流選手ばかり。

彼らはMLBタイトル獲得経験者。

  • リーグMVP
  • 首位打者
  • 打点王
  • 盗塁王
  • ハンク・アーロン賞
  • シルバースラッガー賞
  • ゴールドグラブ賞
  • 新人王
  • オールMLBチーム
メジャーリーグ(MLB)の主な受賞タイトル一覧。 ベーブ・ルース賞、ハンク・アーロン賞、シルバースラッガー賞、ゴールドクラブ賞、サイヤング賞、オールMLBチーム。
拡大表示可能

打撃はもちろん守備もメジャートップレベルな選手たちをご紹介します。

マイク・トラウト(アメリカ)

  • 生年月日:1991年8月7日
  • ポジション:外野手
  • 投打:右投右打
  • 身長:188cm
  • 体重:107kg
  • 所属チーム:ロサンゼルス・エンゼルス
  • 今季年俸(23年):3545万ドル/約48億円
  • MLBオールスター:10回(2012年 – 2019年、2021年、2022年)
22年成績打率.283、本塁打40、打点80
通算成績打率.303、本塁打350、打点896
主なタイトル
  • ア・リーグMVP 3回:(2014年、2016年、2019年)
  • 新人王(2012年)
  • 打点王:1回(2014年)
  • 盗塁王:1回(2012年)
  • ハンク・アーロン賞:2回(2014年、2019年)
  • シルバースラッガー賞(外野手部門):9回(2012年-2016年、2018年-2020年、2022年)
  • オールMLBチーム(1stチーム外野手):3回(2019年、2020年、2022年)

プレー動画

トラウト選手はMLBのスーパースターで、メジャー屈指の長距離砲。
パワーだけでなく広角に打ち分けるミート力も併せ持った外野手。

大谷翔平選手とチームメイトでも知られています。

12シーズンで3割超え6回、30本塁打以上7回、100打点超え3回。

【通算350号ホームラン】

【打撃&守備キャリアハイライト】

ムーキー・ベッツ(アメリカ)

  • 生年月日:1992年10月7日
  • ポジション:外野手
  • 投打:右投右打
  • 身長:175cm
  • 体重:82kg
  • 所属チーム:ロサンゼルス・ドジャース
  • 年俸(23年):2000万ドル/約26億円
  • MLBオールスター:5回(2016年 – 2019年、2021年)
22年成績打率.269、本塁打35、打点82、盗塁12
通算成績打率.293、本塁打213、打点649、盗塁158
主なタイトル
  • 首位打者:1回(2018年)
  • シーズンMVP:1回(2018年)
  • シルバースラッガー賞(外野手部門):5回(2016年、2018年 – 2020年、2022年)
  • ゴールドグラブ賞(外野手部門):6回(2016年 – 2020年、2022年)
  • オールMLBチーム(1stチーム外野手):2回(2020年、2022年)
  • オールMLBチーム(2ndチーム外野手):1回(2019年)

プレー動画

ベッツ選手は走攻守を兼ね備えた5ツールプレイヤー。
MLB屈指の身体能力の持ち主で、万能型外野手の代表格。

9シーズンで3割超え2回、30本塁打以上3回、100打点以上2回、2桁盗塁8回。

【ホームラン動画】

【22年打撃&守備まとめ】

フアン・ソト(ドミニカ)

  • 生年月日:1998年10月25日
  • ポジション:外野手
  • 投打:左投左打
  • 身長:188cm
  • 体重:102kg
  • 所属チーム:サンディエゴ・パドレス
  • 今季年俸(23年):2300万ドル/約29億9千万円
  • MLBオールスター:2回(2021年、2022年)
22年成績打率.242、本塁打27 、打点62
通算成績打率.287、本塁打125、打点374
主なタイトル
  • 首位打者:1回(2020年)
  • シルバースラッガー賞(外野手部門):3回(2020年 – 2022年)
  • オールMLBチーム(1stチーム外野手):2回(2020年、2021年)
  • オールMLBチーム(2ndチーム外野手):1回(2019年)

プレー動画

パドレス所属のソト選手。
破壊力抜群の長打力と広角へ打ち分けるミート力を併せ持った強打者。

6シーズンで3割超え2回、30本塁打以上1回、100打点以上1回。

【パドレス移籍後初ホームラン】

【21年ナショナルズ時代打撃まとめ】

ジョージ・スプリンガー(プエルトリコ)

  • 生年月日:1989年9月19日
  • ポジション:外野手
  • 投打:右投右打
  • 身長:191cm
  • 体重:100kg
  • 所属チーム:トロント・ブルージェイズ
  • 今季年俸(23年):2250万ドル/約29億3千万円)
  • MLBオールスター:4回(2017年 – 2019年、2022年)
22年成績打率.267、本塁打25、打点76
通算成績打率.269、本塁打221、打点584
主なタイトル
  • シルバースラッガー賞(外野手部門):2回(2017年、2019年)
  • ワールドシリーズMVP:1回(2017年)

プレー動画

スプリンガー選手はパワーが魅力の外野手。
メジャーデビューから9年連続で2桁本塁打達成(30本塁打以上2回)。

【満塁ホームラン】

【ダイビングキャッチ】

フリオ・ロドリゲス(ドミニカ)

  • 生年月日:2000年12月29日
  • ポジション:外野手
  • 投打:右投右打
  • 身長:191cm
  • 体重:103kg
  • 所属チーム:シアトル・マリナーズ
  • 今季年俸(23年):400万ドル/約5億2千万円
  • MLBオールスター:1回(2022年)
22年成績打率.284、本塁打28 、打点75
通算成績打率.284、本塁打28 、打点75
主なタイトル
  • 新人王(2022年)
  • シルバースラッガー賞(外野手部門):1回(2022年)
  • オールMLBチーム(2ndチーム外野手):1回(2022年)

プレー動画

走攻守が揃った新世代の5ツールプレイヤー・ロドリゲス選手。
パワーとミート力に、俊足、強肩を備えた万能型外野手。

メジャー1年目の22年シーズンに20-20(20本塁打&20盗塁)を達成。
見事、新人王を獲得しました。

将来的にトリプルスリー(3割30本30盗塁)を達成するであろう選手。

【メジャー初ホームラン】

【22年ホームラン&盗塁まとめ】

ラーズ・ヌートバー選手(日本)

  • 生年月日:1997年9月8日
  • ポジション:外野手
  • 投打:右投左打
  • 身長:191cm
  • 体重:95キロ
  • 所属チーム:セントルイス・カージナルス
  • 今季年俸(23年):80万ドル/約1億400万円
22年成績(MLB)打率.228、本塁打14、打点40
通算成績(MLB)打率.231、本塁打19 、打点55

プレー動画

カージナルスの若手有望株であるラーズ・ヌートバー選手。
22年シーズン途中から外野のレギュラーに定着し、カージナルスの地区優勝に貢献しました。

ヌートバー選手のパワーと選球眼の良さはメジャートップクラス。
また肩の強さもメジャー屈指で知られています。

  • メジャートップレベルの打球速度
  • 年間30本塁打を狙える長打力
  • 四球率14.7%はMLB6位の選球眼の良さ(300打席以上)
  • 超強肩を活かした守備

長打力、選球眼、強肩を持ち合わせたヌートバー選手。
将来的にメジャー屈指の外野手になるであろう逸材なんです。

【ホームラン】

【強肩炸裂】

【参考文献】

コメント

タイトルとURLをコピーしました