【投手編】WBC2023注目選手紹介!大谷翔平選手らMLB投手タイトル経験者集結

WBC2023注目選手「投手編」。 大谷翔平選手(日本)、クレイトン・カーショー(アメリカ)、ケンリー・ジャンセン(オランダ)、カルロス・カラスコ(ベネズエラ)、ダルビッシュ有(日本)、エドウィン・ディアス(プエルトリコ)、フリオ・ウリアス(メキシコ)、サンディ・アルカンタラ(ドミニカ)、フランバー・バルデス(ドミニカ)、ルイス・ガルシア(ベネズエラ)、山本由伸(日本)。
話題のニュース

3月に開幕を迎える「WBC2023」。
メジャーのスーパースターたちが各国代表候補に名を連ねています。

今回は「WBCで注目の投手」をご紹介。
出場国からイチオシの代表候補選手をお伝えしていきますよ♪

プレー動画もご用意したので、彼らのスゴさを体感しちゃってくださいね♪

スポンサー広告

【大谷翔平選手らエース級の好投手が勢ぞろい】

WBC2023注目選手「投手編」。 大谷翔平選手(日本)、クレイトン・カーショー(アメリカ)、ケンリー・ジャンセン(オランダ)、カルロス・カラスコ(ベネズエラ)、ダルビッシュ有(日本)、エドウィン・ディアス(プエルトリコ)、フリオ・ウリアス(メキシコ)、サンディ・アルカンタラ(ドミニカ)、フランバー・バルデス(ドミニカ)、ルイス・ガルシア(ベネズエラ)、山本由伸(日本)。

WBC2023に出場するであろう投手はメジャーリーグを代表する選手ばかり。
豪速球あり、エグい変化球ありなエースピッチャーが集結。

MLBタイトル獲得経験者だらけな豪華メンツなんです。

  • シーズンMVP
  • 最多勝利
  • 最優秀防御率
  • 最多奪三振
  • 最多セーブ
  • サイ・ヤング賞
  • オールMLBチーム
メジャーリーグ(MLB)の主な受賞タイトル一覧。 ベーブ・ルース賞、ハンク・アーロン賞、シルバースラッガー賞、ゴールドクラブ賞、サイヤング賞、オールMLBチーム。

いずれメジャーの舞台で戦うであろう「NPB史上最強投手」もご紹介します。

WBCでプレーを見たくてたまらなくなる選手たちを見ていきましょう♪

大谷翔平選手(日本)

  • 生年月日:1994年7月5日
  • ポジション:投手&野手
  • 投打:右投左打
  • 身長:193cm
  • 体重:95kg
  • 所属チーム:ロサンゼルス・エンゼルス
  • 今季年俸(23年):3000万ドル/約39億円
  • MLBオールスター:2回(2021年、2022年)
    ※2021年投打同時選出はMLB史上初
22年成績(MLB)打率.273、本塁打34、打点95
15勝9敗、防御率2.33、奪三振219
通算成績(MLB)打率.267、本塁打127 、打点342
28勝14敗、防御率2.96、奪三振441
主なタイトル
  • シーズンMVP:1回(2021年)
  • 新人王(2018年)
  • シルバースラッガー賞(指名打者部門):1回(2021年)
  • エドガー・マルティネス賞:2回(2021年、2022年)
  • オールMLBチーム(1stチーム):2回(21年指名打者、22年先発投手)
  • オールMLBチーム(2ndチーム):2回(21年先発投手、22年指名打者)
わっしょい
わっしょい

2021年オールMLBチームの投打同時選出は史上初

プレー動画

言わずとしれた二刀流・エンゼルスの大谷翔平選手。
投げては最速163km/h、打っては最大飛距離140mの本塁打を記録する超人です。

メジャー1年目の18年は史上初の「10登板、20本塁打、10盗塁」を達成。
活躍が高く評価され、ア・リーグ新人王を受賞。

21年はオールスター史上初の投手と野手両方で選出される快挙。
シーズンでは9勝、46本塁打と数々の快挙を果たし、リーグMVPに輝きました。

22年はMLBでは初の2桁勝利(15勝)&本塁打34本を記録。

史上初の最多勝&本塁打王同時受賞も射程圏内に捉えています。

【MLB5シーズン】

  • 30本塁打以上2回、100打点以上1回を記録
  • 2桁勝利1回、防御率2点台1回、200奪三振以上1回を記録

【球種/平均球速】

  • フォーシーム/97mph(約156km/h)
  • スライダー/84mph(約135km/h)
  • スプリット/88mph(約142km/h)
  • カットボール/89mph(約143km/h)
  • カーブ/77mph(約124km/h)
  • シンカー/97mph(約156km/h)
  • チェンジアップ/92mph(約148km/h)

【22年シーズン投球まとめ】

クレイトン・カーショー(アメリカ)

  • 生年月日:1988年3月19日
  • ポジション:投手
  • 投打:左投左打
  • 身長:193cm
  • 体重:102kg
  • 所属チーム:ドジャース
  • 今季年俸(23年):2000万ドル/約26億円
  • MLBオールスター:9回(2011年 – 2017年、2019年、2022年)
22年成績12勝3敗、防御率2.28、137奪三振
通算成績197勝87敗、防御率2.48、2807奪三振
主なタイトル
  • シーズンMVP1回(2014年)
  • サイ・ヤング賞3回(2011年、2013年、2014年)
  • 最多勝利3回(2011年、2014年、2017年)
  • 最優秀防御率5回(2011年 – 2014年、2017年)
  • 最多奪三振3回(2011年、2013年、2015年)
  • オールMLBチーム(2ndチーム先発投手):1回(2020年)

プレー動画

クレイトン・カーショー選手はMLBを代表する投手の1人。
将来MLBの殿堂入りが確実視されている本当にスゴイピッチャーなんです。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム/93mph(約150km/h)
  • スライダー86mph(約138km/h)
  • カーブ73mph(約117km/h)
  • チェンジアップ84mph(約135km/h

独特のフォームから繰り出されるボールは変幻自在。
直球と変化球のコンビネーションで数々の三振を奪っています。

とくに縦に大きく割れるカーブは、カーショー選手の代名詞。

15シーズンで2桁勝利12回、防御率1点台3回&2点台9回、200奪三振以上7回。

【7回13奪三振ピッチング】

ケンリー・ジャンセン(オランダ)

  • 生年月日:1987年9月30日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投両打
  • 身長:196cm
  • 体重:120kg
  • 所属チーム:ボストン・レッドソックス
  • 今季年俸(23年):1600万ドル/約20億8千万円
  • MLBオールスター:3回(2016年 – 2018年)
22年成績5勝2敗41セーブ、防御率3.38、奪三振85
通算成績42勝28敗391セーブ、防御率2.45、奪三振1107
主なタイトル
  • 最多セーブ投手:2回(2017年、2022年)
  • 最優秀救援投手賞:2回(2016年、2017年)
  • オールMLBチーム(2ndチーム中継ぎ投手):1回(2021年)

プレー動画

ケンリー・ジャンセン投手は最速100mph(約160km/h)の剛腕クローザー。
投球の約6割を占めるカットボールを武器に、三振を奪うピッチングスタイル。

【球種/平均球速】

  • カットボール/92mph(約148km/h)
  • シンカー94mph(約151km/h)
  • スライダー81mph(約130km/h)

浮き上がるかのようなカットボールは脅威。

13シーズンで2桁セーブ11回、30セーブ以上8回、防御率1点台3回&2点台6回、100奪三振以上4回。

【22年ナ・リーグディビジョンシリーズ】

【ドジャース時代の3者連続三振】

カルロス・カラスコ(ベネズエラ)

  • 生年月日:1987年3月21日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:193cm
  • 体重:102kg
  • 所属チーム:ニューヨーク・メッツ
  • 今季年俸(23年):1400万ドル/約18億2千万円
22年成績15勝7敗、防御率3.97、奪三振152
通算成績104勝85敗、防御率3.87、奪三振1507
主なタイトル
  • 最多勝利:1回(2017年)

プレー動画

カルロス・カラスコ選手は、通算104勝のベテラン右腕。
17年には最多勝利に輝いた実力を持つピッチャーです。

フォーシームとスライダー、チェンジアップが投球の8割以上を占めるスタイル。
様々な変化球で相手打者を翻弄するピッチングが持ち味。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム/93mph(約150km/h)
  • スライダー/85mph(約137km/h)
  • チェンジアップ/87mph(約140km/h)
  • シンカー/92mph(約148km/h)
  • カーブ/81mph(約130km/h)

13シーズンで2桁勝利5回、防御率2点台2回、200奪三振以上3回。

【1試合11奪三振】

【22年ピッチングまとめ】

ダルビッシュ有(日本)

  • 生年月日:1986年8月16日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:196cm
  • 体重:100kg
  • 所属チーム:サンディエゴ・パドレス
  • 今季年俸(23年):1900万ドル/約24億7千万円
  • MLBオールスター:5回(2012年、2013年、2014年、2017年、2021年
22年成績(MLB)16勝8敗、防御率3.10 、奪三振197
通算成績(MLB)95勝75敗、防御率3.50 、奪三振1788
主なタイトル
  • 最多勝利:1回(2020年)
  • 最多奪三振:1回(2013年)
  • オールMLBチーム(1stチーム先発投手):1回(2020年)
    ※日本人選手初

プレー動画

サンディエゴ・パドレス所属のダルビッシュ有選手。
昨季はチームトップの16勝(リーグ3位タイ)を挙げ、地区シリーズ優勝に貢献。

最速157km/hのフォーシームとスライダーを軸に、多彩な変化球で打者を翻弄する投球スタイル。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム:95mph(約153km/h)
  • スライダー:85mph(約137km/h)
  • シンカー:85mph(約137km/h)
  • カーブ:76mph(約122km/h)
  • スプリット:90mph(約145km/h)
  • カットボール:90mph(約145km/h)
  • チェンジアップ:88mph(約142km/h)
  • スローカーブ:68mph(約109km/h)

11シーズンで2桁勝利4回、防御率12点台2回、200奪三振以上3回。

【1試合12奪三振】

エドウィン・ディアス(プエルトリコ)

  • 生年月日:1994年3月22日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:191cm
  • 体重:75kg
  • 所属チーム:ニューヨーク・メッツ
  • 今季年俸(23年):1725万ドル/約22億4千万円
  • MLBオールスター:2回(2018年、2022年)
22年成績3勝1敗32セーブ、防御率1.31
通算成績16勝29敗205セーブ、防御率2.93
主なタイトル
  • 最多セーブ投手:1回(2018年)
  • 最優秀救援投手賞:2回(2018年、2022年)
  • オールMLBチーム(1stチーム中継ぎ投手):1回(2022年)

プレー動画

メジャートップクラスのクローザーであるディアス選手。
最速165キロを誇る剛腕は、優れた奪三振能力を発揮しています。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム:99mph(約159km/h)
  • スライダー:91mph(約146km/h)

7シーズンで30セーブ以上4回、防御率1点台3回、100奪三振以上2回。

【160キロ投球】

【マリナーズ時代の57セーブ(歴代2位タイ)まとめ】

フリオ・ウリアス(メキシコ)

  • 生年月日:1996年8月12日
  • ポジション:投手
  • 投打:左投左打
  • 身長:188cm
  • 体重:92kg
  • 所属チーム:ロサンゼルス・ドジャース
  • 今季年俸(23年):1425万ドル/約18億5千万円)
22年成績17勝7敗、防御率2.16、奪三振166
通算成績49勝17敗、防御率2.82、奪三振593
主なタイトル
  • 最多勝利:1回(2021年)
  • 最優秀防御率:1回 (2022年)
  • オールMLBチーム(2ndチーム先発投手):2回(2021年、2022年)

プレー動画

フリオ・ウリアス選手はロサンゼルス・ドジャースの若手エース。
昨季は最優秀防御率(2.16)、リーグ2位の勝利数(17勝)で地区優勝に貢献。

投球の約8割がフォーシームとカーブの投手。
さらにチェンジアップも使い、緩急で三振の山を築くスタイル。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム/93mph(約150km/h)
  • カーブ/81mph(約130km/h)
  • チェンジアップ/86mph(約138km/h)

7シーズンで15勝以上2回、防御率2点台3回。

【ピッチング動画】

サンディ・アルカンタラ(ドミニカ)

  • 生年月日:1995年9月7日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:196cm
  • 体重:91kg
  • 所属チーム:マイアミ・マーリンズ
  • 今季年俸(23年):600万ドル/約7億8千万円
  • MLBオールスター:2回(2019年、2022年)
22年成績14勝9敗、防御率2.28、奪三振207
通算成績34勝43敗、防御率3.10、奪三振638
主なタイトル
  • サイ・ヤング賞:1回(2022年)
  • オールMLBチーム(1stチーム先発投手):1回(2022年)

プレー動画

22年サイヤング賞を獲得したアルカンタラ投手。
メジャー屈指の剛腕でマイアミ・マーリンズのエースとして知られています。

最速101.5mph(約163km/h)を誇る剛腕。
90マイル後半のシンカーとストレートを中心に変化球もあるタイプ。

特にシンカーは、160km/h近いスピードで横に大きく動く脅威的なボール。

【球種/平均球速】

  • シンカー:97mph(約156km/h)
  • フォーシーム:97mph(約156km/h)
  • スライダー:88mph(約142km/h)
  • チェンジアップ:91mph(約146km/h)
  • カーブ:82mph(約132km/h)

6シーズンで2桁勝利1回、防御率2点台1回、200奪三振以上2回。

【162キロシンカー動画】

【22年ピッチングまとめ】

フランバー・バルデス(ドミニカ)

  • 生年月日:1993年11月19日
  • ポジション:投手
  • 投打:左投右打
  • 身長:180cm
  • 体重:108kg
  • 所属チーム:ヒューストン・アストロズ
  • 今季年俸(23年):680万ドル/約8億8千万円
  • MLBオールスター:2回(2019年、2022年)
22年成績17勝6敗、防御率2.82、奪三振194
通算成績41勝23敗、防御率3.38、奪三振497
主なタイトル
  • オールMLBチーム(1stチーム先発投手):1回(2022年)

プレー動画

バルデス選手は22年WSチャンピオンのアストロズ所属。
左のエースとしてリーグ2位の17勝を挙げ、チャンピオンリング獲得に貢献しました。

シンカー(ツーシーム)を主体に、カーブを織り交ぜて打者を翻弄するスタイル。

【球種/平均球速】

  • シンカー:93mph(約150km/h)
  • カーブ:79mph(約127km/h)
  • チェンジアップ:88mph(約142km/h)
  • フォーシーム:94mph(約151km/h)
  • スライダー:83mph(約134km/h)

5シーズンで2桁勝利2回、防御率2点台2回。

【ア・リーグ優勝決定戦で7回9奪三振】

ルイス・ガルシア(ベネズエラ)

  • 生年月日:1996年12月13日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:185cm
  • 体重:111kg
  • 所属チーム:ヒューストン・アストロズ
  • 年俸(22年):125万ドル/約1億6千万円
22年成績15勝8敗、防御率3.72、奪三振157
通算成績26勝17敗、防御率3.57、奪三振333

プレー動画

アストロズ所属のルイス・ガルシア選手。
22年は15勝を挙げ、チームのワールドシリーズ制覇に貢献しました。

フォーシームとカットボールが中心の投球スタイル。
カーブ、チェンジアップ、スライダーをバランス良く使います。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム:94mph(約151km/h)
  • カットボール:85mph(約137km/h)
  • カーブ:77mph(約124km/h)
  • チェンジアップ:85mph(約137km/h)
  • スライダー:80mph(約129km/h)
  • シンカー:91mph(約146km/h)

3シーズンで2桁勝利2回、防御率2点台1回。

【21年ア・リーグ優勝決定戦ピッチング】

山本由伸(日本)

  • 生年月日:1998年8月17日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:178cm
  • 体重:80kg
  • 所属チーム:オリックス・バファローズ
  • 年俸(23年):6億5000万円
  • NPBオールスター:4回(2018年、2019年、2021年、2022年)
22年成績(NPB)15勝5敗、防御率1.68 、奪三振205
通算成績(NPB)54勝23敗、防御率1.95、奪三振753
主なタイトル(NPB)
  • 最多勝利:2回(2021年、2022年)
  • 最優秀防御率:3回(2019年、2021年、2022年)
  • 最多奪三振:3回(2020年 – 2022年)
  • 最高勝率:2回(2021年、2022年)
  • 沢村栄治賞:2回(2021年、2022年)
    ※2年連続受賞はパ・リーグ史上初
  • 最優秀選手:2回(2021年、2022年)
  • ベストナイン:2回(投手部門:2021年、2022年)
  • ゴールデングラブ賞:2回(投手部門:2021年、2022年
  • 投手三冠王:2回(2021年、2022年)
  • 投手七冠(五冠+最多投球回+最多完投):2回(2021年、2022年)

プレー動画

オリックス・バファローズの山本由伸選手は日本が世界に誇るNPB最強右腕。
最速159km/hの直球と多彩な変化球で打者を圧倒する剛腕。

2年連続で「投手三冠王(勝利、防御率、奪三振)」を達成しています。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム/152km/h
  • スプリット144.5km/h
  • カーブ125.1km/h
  • カットボール147.6km/h
  • シュート149.8km/h
  • スライダー138.1km/h

NPB6シーズンで2桁勝利2回、防御率1点台3回&2点台2回、200奪三振以上2回。

【参考文献】

コメント

タイトルとURLをコピーしました