【WBC2023メンバー】ベネズエラ代表候補注目選手まとめ!

WBC2023ベネズエラ代表候補の注目選手紹介。ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)、サルヴァドール・ペレス(ロイヤルズ)、カルロス・カラスコ(メッツ)、ルイス・ガルシア(アストロズ)、ロベルト・スアレス(パドレス)。
話題のニュース

大物メジャーリーガーたちが参戦する「WBC2023」。
各国の代表選手はどんなプレーヤーなのか気になりますよね。

今回はベネズエラ代表候補の注目選手をピックアップ。

1月14日時点でのベネズエラ代表候補は正式発表されていません。
ですが他国同様に大物メジャーリーガーが参戦すると予想されています。

わっしょい
わっしょい

今大会、ロナルド・アクーニャ(ブレーブス)選手は不参加濃厚。
昨季故障者リスト入りしていたためチームの許可が下りないと思われます。

ベネズエラ代表候補にも現役メジャーリーガーが多数顔を揃えています。
今回はそんなベネズエラ代表候補から注目選手5名をご紹介します。

スポンサー広告

【ベネズエラ代表候補注目選手まとめ!プレー動画あり】

WBC2023ベネズエラ代表候補の注目選手紹介。ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)、サルヴァドール・ペレス(ロイヤルズ)、カルロス・カラスコ(メッツ)、ルイス・ガルシア(アストロズ)、ロベルト・スアレス(パドレス)。

今回ご紹介する選手たちはMLBタイトル獲得経験者だらけ。

  • リーグMVP
  • 首位打者
  • 本塁打王
  • 打点王
  • ベーブ・ルース賞
  • ハンク・アーロン賞
  • シルバースラッガー賞
  • 盗塁王
  • 最多勝
  • ゴールドグラブ賞
  • オールMLBチーム

などなど、超一流プレイヤーが名を連ねています。

メジャーリーグ(MLB)の主な受賞タイトル一覧。 ベーブ・ルース賞、ハンク・アーロン賞、シルバースラッガー賞、ゴールドクラブ賞、サイヤング賞、オールMLBチーム。

ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)

  • 生年月日:1990年5月6日
  • ポジション:内野手
  • 投打:右投右打
  • 身長:168cm
  • 体重:75kg
  • 所属チーム:ヒューストン・アストロズ
  • 今季年俸(23年):2600万ドル/約33億8千万円
  • MLBオールスター:7回(2012年、2014年 – 2018年、2021年)
22年成績打率.300、本塁打28、打点57
通算成績打率.307 、本塁打192、打点696
主なタイトル
  • ア・リーグシーズンMVP:1回 (2017年)
  • 首位打者:3回(2014年、2016年、2017年)
  • 盗塁王:2回(2014年、2015年)
  • 最多安打:4回(2014年 – 2017年)
  • ベーブ・ルース賞:1回(2017年)
  • ハンク・アーロン賞:1回 (2017年)
  • シルバースラッガー賞(二塁手部門) : 6回(2014 – 2018年、2022年)
  • ゴールドグラブ賞(二塁手部門):1回(2015年)
  • オールMLBチーム(1stチーム二塁手):1回(2022年)
  • オールMLBチーム(2ndチーム二塁手):1回(2019年)

プレー動画

メジャートップレベルの好打者・ホセ・アルトゥーベ選手。
首位打者3回、最多安打4回のミート力は現役最強クラス。

30本塁打以上を2回記録しており、パンチ力も備えた強打者。

さらに盗塁王2度、ゴールドクラブ賞1度に輝いている万能選手。

12シーズンで3割超え5回、30本塁打以上2回、30盗塁以上6回。

【逆転サヨナラ3ランホームラン】

【21年ワールドシリーズでのHR】

カルロス・カラスコ(メッツ)

  • 生年月日:1987年3月21日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:193cm
  • 体重:102kg
  • 所属チーム:ニューヨーク・メッツ
  • 今季年俸(23年):1400万ドル/約18億2千万円
22年成績15勝7敗、防御率3.97、奪三振152
通算成績104勝85敗、防御率3.87、奪三振1507
主なタイトル
  • 最多勝利:1回(2017年)

プレー動画

カルロス・カラスコ選手は、通算104勝のベテラン右腕。
17年には最多勝利に輝いた実力を持つピッチャーです。

フォーシームとスライダー、チェンジアップが投球の8割以上を占めるスタイル。
様々な変化球で相手打者を翻弄するピッチングが持ち味。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム/93mph(約150km/h)
  • スライダー/85mph(約137km/h)
  • チェンジアップ/87mph(約140km/h)
  • シンカー/92mph(約148km/h)
  • カーブ/81mph(約130km/h)

13シーズンで2桁勝利5回、防御率2点台2回、200奪三振以上3回。

【1試合11奪三振】

【22年ピッチングまとめ】

サルヴァドール・ペレス(ロイヤルズ)

  • 生年月日:1990年10月5日
  • ポジション: 捕手
  • 投打:右投右打
  • 身長:191cm
  • 体重:116kg
  • 所属チーム:カンザスシティ・ロイヤルズ
  • 今季年俸(23年):2000万ドル/約26億円
  • MLBオールスター:7回(2013年 – 2018年、2021年)
22年成績打率.254、本塁打23、打点76
通算成績打率.268、本塁打223、打点732
主なタイトル
  • 本塁打王:1回(2021年)
  • 打点王:1回(2021年)
  • シルバースラッガー賞(捕手部門):4回(2016年、2018年、2020年、2021年)
  • ゴールドグラブ賞(捕手部門):5回(2013年 – 2016年、2018年)
  • ワールドシリーズMVP:1回(2015年)
  • オールMLBチーム(1stチーム捕手):2回(2020年、2021年)

プレー動画

サルヴァドール・ペレス選手はMLBを代表する強打の捕手。
21年は本塁打王(48本)と打点王(121打点)の二冠に輝いたパワーヒッターです。

キャッチャーとしてもMLB屈指で、ゴールドグラブ賞を5回受賞。

11シーズンで3割超え3回、30本塁打以上1回、100打点以上1回。

【21年48本目のホームラン(本塁打王獲得)】

ルイス・ガルシア(アストロズ)

  • 生年月日:1996年12月13日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:185cm
  • 体重:111kg
  • 所属チーム:ヒューストン・アストロズ
  • 年俸(22年):125万ドル/約1億6千万円
22年成績15勝8敗、防御率3.72、奪三振157
通算成績26勝17敗、防御率3.57、奪三振333

プレー動画

アストロズ所属のルイス・ガルシア選手。
22年は15勝を挙げ、チームのワールドシリーズ制覇に貢献しました。

フォーシームとカットボールが中心の投球スタイル。
カーブ、チェンジアップ、スライダーをバランス良く使います。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム:94mph(約151km/h)
  • カットボール:85mph(約137km/h)
  • カーブ:77mph(約124km/h)
  • チェンジアップ:85mph(約137km/h)
  • スライダー:80mph(約129km/h)
  • シンカー:91mph(約146km/h)

3シーズンで2桁勝利2回、防御率2点台1回。

【21年ア・リーグ優勝決定戦ピッチング】

ロベルト・スアレス(パドレス)

  • 生年月日:1991年3月1日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:188cm
  • 体重:95kg
  • 所属チーム:サンディエゴ・パドレス
  • 今季年俸(23年):1000万ドル/約13億円
22年成績5勝1敗11ホールド1セーブ、防御率2.27
通算成績5勝1敗11ホールド1セーブ、防御率2.27

プレー動画

元阪神タイガースのロベルト・スアレス選手。
メジャー屈指の剛腕リリーフで最速163km/hの直球とシンカーが中心の投球スタイル。

チェンジアップ、カットボール、スライダーを織り交ぜ、バッターを翻弄します。

【球種/平均球速】

  • フォーシーム/98mph(約158km/h)
  • チェンジアップ/89mph(約143km/h)
  • シンカー/97mph(約156km/h)
  • カットボール/95mph(約153km/h)
  • カーブ/81mph(約130km/h)
  • スライダー/88mph(約142km/h)

メジャー1年目の昨季は45試合登板で防御率2.27、11ホールドを記録。
今季はさらなる活躍が期待される投手です。

【22年ナ・リーグ地区優勝決定戦ピッチング】

【阪神タイガース時代のピッチング】

【アルトゥーベ選手らMLBの大物擁するベネズエラ代表は強い】

WBC2023ベネズエラ代表候補の注目選手紹介。ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)、サルヴァドール・ペレス(ロイヤルズ)、カルロス・カラスコ(メッツ)、ルイス・ガルシア(アストロズ)、ロベルト・スアレス(パドレス)。

「WBC2023」のベネズエラ代表候補注目選手をご紹介しました。

  • ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)
  • カルロス・カラスコ(メッツ)
  • サルヴァトーレ・ペレス(ロイヤルズ)
  • ルイス・ガルシア(アストロズ)
  • ロベルト・スアレス(パドレス)

ベネズエラが誇るメジャーリーガーはスーパースター多数の顔ぶれ。
とくにアルトゥーベ選手とペレス選手の二枚看板は脅威的な存在です。

侍ジャパンがベネズエラ代表と対戦するならば「準決勝」か「決勝」の舞台。
スター揃いのベネズエラと戦う姿を観てみたいですね!

「WBC2023」については以下の記事をどうぞ。
グループ組み合わせ、大会日程&放送日程をまとめてあります。

【参考文献】

コメント

タイトルとURLをコピーしました