【WBC2023メンバー】ドミニカ代表候補注目選手まとめ!

WBC2023ドミニカ代表候補の注目選手紹介。マニー・マチャド(パドレス)、サンディ・アルカンタラ(マーリンズ)、フランバー・バルデス(アストロズ)、ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)、フアン・ソト(パドレス)、フリオ・ロドリゲス(マリナーズ)。
話題のニュース

大物メジャーリーガーたちが参戦する「WBC2023」。
各国の代表選手はどんなプレーヤーなのか気になりますよね。

今回はドミニカ代表候補の注目選手をピックアップ。

「WBC2013」以来の優勝を目指すドミニカ。
1月10日時点での代表候補はこんな感じです。

選手名ポジションチーム
サンディ・アルカンタラ投手マーリンズ
フランバー・バルデス投手アストロズ
ルイス・カスティーヨ投手マリナーズ
セランソニー・ドミンゲス投手フィリーズ
カミロ・ドバル投手ジャイアンツ
クリスチャン・ハビアー投手アストロズ
ブライアン・アブレイユ投手アストロズ
フェリックス・バティスタ投手オリオールズ
ラファエル・モンテロ投手アストロズ
ディエゴ・カスティーヨ投手マリナーズ
グレゴリー・ソト投手タイガース
ワンディ・ペラルタ投手ヤンキース
ゲーリー・サンチェス捕手ツインズ
フランシスコ・メヒア捕手レイズ
ペドロ・セベリーノ捕手ブルワーズFA
マニー・マチャド内野手パドレス
ブラディミール・ゲレーロJr.内野手ブルージェイズ
ウィリー・アダムス内野手ブルワーズ
ワンダー・フランコ内野手レイズ
ジェレミー・ペーニャ内野手アストロズ
ケーテル・マルテ内野手Dバックス
フアン・ソト外野手パドレス
テオスカー・ヘルナンデス外野手マリナーズ
スターリング・マルテ外野手メッツ
フリオ・ロドリゲス外野手マリナーズ
イーロイ・ヒメネス外野手Wソックス

現役メジャーリーガーが顔を揃えるドミニカ代表。
今回はそんなドミニカ代表候補から注目選手6名をご紹介します。

スポンサー広告

【ドミニカ代表候補注目選手まとめ!プレー動画あり】

WBC2023ドミニカ代表候補の注目選手紹介。マニー・マチャド(パドレス)、サンディ・アルカンタラ(マーリンズ)、フランバー・バルデス(アストロズ)、ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)、フアン・ソト(パドレス)、フリオ・ロドリゲス(マリナーズ)。

ドミニカ代表にはMLBタイトル獲得経験者が集結。

  • 本塁打王
  • 首位打者
  • ハンク・アーロン賞
  • シルバースラッガー賞
  • ゴールドグラブ賞
  • サイ・ヤング賞
  • オールMLBチーム

などなど、超一流プレイヤーがWBCでプレーします。

メジャーリーグ(MLB)の主な受賞タイトル一覧。 ベーブ・ルース賞、ハンク・アーロン賞、シルバースラッガー賞、ゴールドクラブ賞、サイヤング賞、オールMLBチーム。
拡大表示可能

マニー・マチャド(パドレス)

  • 生年月日:1992年7月6日
  • ポジション:内野手
  • 投打:右投右打
  • 身長:191cm
  • 体重:83kg
  • 所属チーム:サンディエゴ・パドレス
  • 今季年俸(23年):3000万ドル/約39億円
  • MLBオールスター:6回(2013年、2015年、2016年、2018年、2021年、2022年)
22年成績打率.298、本塁打32、打点102
通算成績打率.282、本塁打283、打点853
主なタイトル
  • シルバースラッガー賞(三塁手部門):1回(2020年)
  • ゴールドグラブ賞(三塁手部門):2回(2013年、2015年)
  • オールMLBチーム(1stチーム三塁手):2回(2020年、2022年)

プレー動画

マチャド選手は攻守で相手の脅威となる選手。
パワーヒッターだけでなく守備の名手としても知られています。

また侍ジャパン・ダルビッシュ有選手のチームメイトでもあります。

12シーズンで3割超え2回、30本塁打以上5回、100打点以上2回。

【サヨナラ3ランホームラン】

【22年打撃&守備まとめ】

サンディ・アルカンタラ(マーリンズ)

  • 生年月日:1995年9月7日
  • ポジション:投手
  • 投打:右投右打
  • 身長:196cm
  • 体重:91kg
  • 所属チーム:マイアミ・マーリンズ
  • 今季年俸(23年):600万ドル/約7億8千万円
  • MLBオールスター:2回(2019年、2022年)
22年成績14勝9敗、防御率2.28、奪三振207
通算成績34勝43敗、防御率3.10、奪三振638
主なタイトル
  • サイ・ヤング賞:1回(2022年)
  • オールMLBチーム(1stチーム先発投手):1回(2022年)

プレー動画

22年サイヤング賞を獲得したアルカンタラ投手。
メジャー屈指の剛腕でマイアミ・マーリンズのエースとして知られています。

最速101.5mph(約163km/h)を誇る剛腕。
90マイル後半のシンカーとストレートを中心に変化球もあるタイプ。

特にシンカーは、160km/h近いスピードで横に大きく動く脅威的なボール。

【球種/平均球速】

  • シンカー:97mph(約156km/h)
  • フォーシーム:97mph(約156km/h)
  • スライダー:88mph(約142km/h)
  • チェンジアップ:91mph(約146km/h)
  • カーブ:82mph(約132km/h)

6シーズンで2桁勝利1回、防御率2点台1回、200奪三振以上2回。

【161キロシンカー動画】

【22年ピッチングまとめ】

フランバー・バルデス(アストロズ)

  • 生年月日:1993年11月19日
  • ポジション:投手
  • 投打:左投右打
  • 身長:180cm
  • 体重:108kg
  • 所属チーム:ヒューストン・アストロズ
  • 今季年俸(23年):680万ドル/約8億8千万円
  • MLBオールスター:2回(2019年、2022年)
22年成績17勝6敗、防御率2.82、奪三振194
通算成績41勝23敗、防御率3.38、奪三振497
主なタイトル
  • オールMLBチーム(1stチーム先発投手):1回(2022年)

プレー動画

バルデス選手は22年WSチャンピオンのアストロズ所属。
左のエースとしてリーグ2位の17勝を挙げ、チャンピオンリング獲得に貢献しました。

シンカー(ツーシーム)を主体に、カーブを織り交ぜて打者を翻弄するスタイル。

【球種/平均球速】

  • シンカー:93mph(約150km/h)
  • カーブ:79mph(約127km/h)
  • チェンジアップ:88mph(約142km/h)
  • フォーシーム:94mph(約151km/h)
  • スライダー:83mph(約134km/h)

5シーズンで2桁勝利2回、防御率2点台2回。

【ア・リーグ優勝決定戦で7回9奪三振】

ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)

  • 生年月日:1999年3月16日
  • ポジション:内野手
  • 投打:右投右打
  • 身長:188cm
  • 体重:113kg
  • 所属チーム:トロント・ブルージェイズ
  • 今季年俸(23年):1450万/約18億9千万円
  • MLBオールスター:2回(2021年、2022年)
22年成績打率.274、本塁打32、打点97
通算成績打率.284、本塁打104、打点310
主なタイトル
  • 本塁打王:1回(2021年)
  • ハンク・アーロン賞:1回(2021年)
  • シルバースラッガー賞(一塁手部門):1回(2021年)
  • ゴールドグラブ賞(一塁手部門):1回(2022年)
  • オールMLBチーム(1stチーム一塁手):1回(2021年)

プレー動画

ブルージェイズの若き主砲ゲレーロ選手。
父親に元メジャーリーガーのウラジミール・ゲレロ氏を持つことでも知られています。

父親譲りの長打力が魅力。
若干23歳にして、メジャー屈指の飛ばし屋の一人。

近年は守備力も向上しており、
22年シーズンは「ゴールドグラブ賞(一塁手部門)」を初受賞。

4シーズンで打率3割超え1回、30本塁打以上2回、100打点以上1回。

【138.9m超特大ホームラン】

【1試合3本塁打】

フアン・ソト(パドレス)

  • 生年月日:1998年10月25日
  • ポジション:外野手
  • 投打:左投左打
  • 身長:188cm
  • 体重:102kg
  • 所属チーム:サンディエゴ・パドレス
  • 今季年俸(23年):2300万ドル/約29億9千万円
  • MLBオールスター:2回(2021年、2022年)
22年成績打率.242、本塁打27 、打点62
通算成績打率.287、本塁打125、打点374
主なタイトル
  • 首位打者:1回(2020年)
  • シルバースラッガー賞(外野手部門):3回(2020年 – 2022年)
  • オールMLBチーム(1stチーム外野手):2回(2020年、2021年)
  • オールMLBチーム(2ndチーム外野手):1回(2019年)

プレー動画

パドレス所属のソト選手。
破壊力抜群の長打力と広角へ打ち分けるミート力を併せ持った強打者。

6シーズンで3割超え2回、30本塁打以上1回、100打点以上1回。

【パドレス移籍後初ホームラン】

【21年ナショナルズ時代打撃まとめ】

フリオ・ロドリゲス(マリナーズ)

  • 生年月日:2000年12月29日
  • ポジション:外野手
  • 投打:右投右打
  • 身長:191cm
  • 体重:103kg
  • 所属チーム:シアトル・マリナーズ
  • 今季年俸(23年):400万ドル/約5億2千万円
  • MLBオールスター:1回(2022年)
22年成績打率.284、本塁打28 、打点75
通算成績打率.284、本塁打28 、打点75
主なタイトル
  • 新人王(2022年)
  • シルバースラッガー賞(外野手部門):1回(2022年)
  • オールMLBチーム(2ndチーム外野手):1回(2022年)

プレー動画

走攻守が揃った新世代の5ツールプレイヤー・ロドリゲス選手。
パワーとミート力に、俊足、強肩を備えた万能型外野手。

メジャー1年目の22年シーズンに20-20(20本塁打&20盗塁)を達成。
見事、新人王を獲得しました。

将来的にトリプルスリー(3割30本30盗塁)を達成するであろう選手。

【メジャー初ホームラン】

【22年ホームラン&盗塁まとめ】

【ドミニカ代表はWBC2023優勝候補の一角】

WBC2023ドミニカ代表候補の注目選手紹介。マニー・マチャド(パドレス)、サンディ・アルカンタラ(マーリンズ)、フランバー・バルデス(アストロズ)、ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)、フアン・ソト(パドレス)、フリオ・ロドリゲス(マリナーズ)。

「WBC2023」のドミニカ代表候補注目選手をご紹介しました。

  • マニー・マチャド(パドレス)
  • サンディ・アルカンタラ(マーリンズ)
  • フランバー・バルデス(アストロズ)
  • ブラディミール・ゲレーロJr.(ブルージェイズ)
  • フアン・ソト(パドレス)
  • フリオ・ロドリゲス(マリナーズ)

ドミニカ代表は優勝候補筆頭のアメリカ代表に匹敵する豪華な顔ぶれ。

侍ジャパンがドミニカ代表と対戦するならば「準決勝」か「決勝」の舞台。
スター揃いのドミニカと戦う姿を観てみたいですね!

「WBC2023」については以下の記事をどうぞ。
グループ組み合わせ、大会日程&放送日程をまとめてあります。

【参考文献】

コメント

タイトルとURLをコピーしました