『ワイルドスピード』全作品を見放題配信中の動画サービスは?

『ワイルド・スピード』シリーズの解説。配信中の動画配信サービス、見放題で全作視聴可能、あらすじやキャスト紹介、最新作『ワイルド・スピード10』の公開日や出演者。
おすすめ映画一覧おすすめ映画紹介

世界的な人気を誇るカーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズ。
現在までにシリーズ10作品が公開されています。

『ワイルドスピード』シリーズ
  • 2001年『ワイルド・スピード』
  • 2003年『ワイルド・スピードX2』
  • 2006年『ワイルド・スピードX3/TOKYO DRIFT』
  • 2009年『ワイルド・スピード/MAX』
  • 2011年『ワイルド・スピード/MEGA MAX』
  • 2013年『ワイルド・スピード/EURO MISSION』
  • 2015年『ワイルド・スピード/SKY MISSION』
  • 2017年『ワイルド・スピード/ICE BREAK』
  • 2019年『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』
  • 2021年『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』

「カーアクション映画=ワイルド・スピード」というイメージの人も多いでしょう。

今回は『ワイルド・スピード』シリーズを見放題配信中の動画配信サービスをご紹介します。

  • ワイルド・スピードを配信中の動画配信サービスは?
  • シリーズ全作を見放題で見れるのか?
  • 全10作品のあらすじやキャストは?
  • 最新作『ワイルド・スピード10』はいつ公開なのか?

このような疑問を解決します!

この記事を読めば、ワイルドスピードを楽しめる動画配信サービスがすぐわかる。
ワイルドスピード三昧なひとときを過ごしませんか?

【結論:『ワイルドスピード』見るならプライムビデオ】

動画配信サービス「プライムビデオ」の月額料金、見放題作品数、無料体験期間、動画ダウンロード可能数。

『ワイルド・スピード』シリーズを配信しているサービスはどこなのか?
今回、配信状況を確認したサービスは8つ。

動画配信サービスのおすすめ8選比較。「Amazon Prime Video(アマゾンプライム・ビデオ)」、「Netflix(ネットフリックス)」、「U-NEXT(ユーネクスト)」、「Hulu(フールー)」、「ディズニープラス」、「dアニメストア」、「ABEMAプレミアム」、「FODプレミアム」について解説。

この中で『ワイルド・スピード』シリーズを配信中のサービスは3つでした。

  • プライムビデオ
  • U-NEXT
  • Hulu

さっそく、これらの配信状況をチェックしてみましょう。

※配信状況は2022年07月21日

現在、『ワイルド・スピード』全作品を見放題で視聴できるのは「プライムビデオ」だけ。

シリーズ全作が見放題作品なので、追加料金無しで楽しめますよ♪
無料体験を利用すれば、料金不要での視聴も可能!

\プライム会員に登録で「プライムビデオ」も楽しめる/

プライムビデオについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

【歴代作品紹介!あらすじやキャスト】

『ワイルド・スピード』シリーズの全作品のあらすじと登場人物(キャスト)を紹介。

第1作:ワイルド・スピード(2001年)

  • 作品時間:106分
  • 監督:ロブ・コーエン
  • 出演:ヴィン・ディーゼル, ポール・ウォーカー,ミシェル・ロドリゲス,ジョーダナ・ブリュースター ほか

【主要キャスト】

ドミニク・トレット役:ヴィン・ディーゼル

超一流の運転技術を持つ凄腕ドライバー。
地元のカリスマ的存在でストリートレースを取り仕切る。
家族の絆を人一倍大切にしており、仲間を「ファミリー」として大切にしている。

ブライアン・オコナー役:ポール・ウォーカー

ロス市警の警察官でトラック襲撃事件の捜査を担当。
ドミニク達に目をつけ、潜入捜査を行っている。

レティ・オルティス役:ミシェル・ロドリゲス

ドミニクの恋人。
運転技術はもちろん、整備の腕もピカイチ。

ミア・トレット役:ジョーダナ・ブリュースター

ドミニクの妹。
カーレースからは距離を置いているが、運転技術はブライアンも目を見張るほどの腕前

【あらすじ】

アメリカ・ロサンゼルス。
高額貨物を乗せた輸送トラックが襲撃を受ける事件が多発していた。

手がかりは「改造車による犯行」ということ。

ロス市警のブライアンは、
潜入捜査として「ある人物」との接触を図るため「ストリートレース」に参加する。

ブライアンのターゲットはドミニク・トレット。
凄腕の運転技術を持つドライバーで、一連のトラック襲撃事件の容疑者だった。

レースで競い合うことになった、ブライアンとドミニク。
天才的なドライビングテクニックを披露するブライアンだが、勝負はドミニクの勝利に終わった。

互いの健闘を称える中、警察車両が登場し周囲はパニック。
逮捕者が続出する中で、ブライアンはドミニクを連れピンチを脱する。

ブライアンの勇敢さに敬意を示し、ドミニクはファミリーとしてブライアンを受け入れる。

そんな中、ロス市警上層部はドミニクの逮捕に向けて、準備を着々と進めていた。

SNSでの評判

ストリートレースを軸にストーリーが進みます。
ローカル感のある作品で『グラセフ』のレースミッションみたいな雰囲気。

第2作:ワイルド・スピードX2(2003年)

  • 作品時間:108分
  • 監督:ジョン・シングルトン
  • 出演: ポール・ウォーカー,タイリース・ギブソン,クリス・“リュダクリス”・ブリッジス ほか

【主要キャスト】

ブライアン・オコナー役:ポール・ウォーカー

元ロス市警の警察官でマイアミ在住。
ストリートのカリスマレーサーとして君臨している。

ローマン・ピアース役:タイリース・ギブソン

ブライアンの幼馴染み。
前科があり、発信機を装着する日常を送っている。

ブライアンとは「ある因縁」を持っている。

テズ・パーカー役:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス

ブライアンの友人でカスタムショップの経営者。
顔が広くマイアミの表も裏も知る人物。
メカニックの腕前は相当なもの。

【あらすじ】

元ロス市警のブライアンは、マイアミでストリートレーサーに転身していた。

ある日、友人のテズが主催するレースを走り終えると、
ブライアンは、レース会場にいた女性に声をかける。

その直後、多数の警察車両が駆けつけ、ブライアンは身柄を拘束されてしまう。

お目当てのブライアンを確保した警察。
彼らは「犯罪歴の抹消」を条件に犯罪組織への潜入捜査をブライアンに持ちかけられる。

ブライアンは幼馴染のローマンと共に「運び屋」としての潜入捜査を行うことに…

SNSでの評判

前作に引き続きストリートレースを題材にした内容。
純粋にカーアクションを楽しめます。
オコナードライビングスクール直伝のドライブテクは必見ですよ!

第3作:ワイルド・スピードX3/TOKYO DRIFT(2006年)

  • 作品時間:ジャスティン・リン
  • 監督:104分
  • 出演:ルーカス・ブラック, サン・カン ほか

【主要キャスト】

ショーン・ボズウェル役:ルーカス・ブラック

路上のカーレースにのめりこんでいる高校生。
法律違反で2度捕まっており、逮捕の度に引っ越してきた。

3度目の逮捕がきっかけで、母親に日本へ強制的に留学させられた。

ハン役:サン・カン

クラブと整備工場を営んでいる。
ショーンの恩人・師匠となる男。

【あらすじ】

主人公のショーンは車好きの高校生。
「3度目の逮捕」がきっかけで、母親に愛想を尽かされてしまう。

そんなショーンに救いの手を差し伸べたのは、父親だった。
ショーンの父親は軍人で、日本の米軍基地に勤務している。

真面目に高校生活を送ることを条件に、来日したショーン。

異国での生活に戸惑うショーン。
そんな彼に声をかけたのは、クラスメイトで留学生のトウィンキーだった。

車好きの二人はすぐに意気投合。
そして、トウィンキーはショーンを「ドリフトレース」の観戦に誘う。

「新しい世界」に触れたショーンは、「ドリフト・レースの世界」にのめり込むことになるのだが…

SNSでの評判

海外から見た日本って感じで正直違和感があります。
ただ、見れば見るほど面白さが出てくる映画。
ビーフジャーキーみたいな作品ですね。

第4作:ワイルド・スピード/MAX(2009年)

  • 作品時間:107分
  • 監督:ジャスティン・リン
  • 出演:ヴィン・ディーゼル, ポール・ウォーカー,ミシェル・ロドリゲス,ジョーダナ・ブリュースター,サン・カン,ガル・ガドットほか

【主要キャスト】

ドミニク・トレット役:ヴィン・ディーゼル

超一流の運転技術を持つ凄腕ドライバー。
家族の絆を人一倍大切にしており、仲間を「ファミリー」として大切にしている。
ドミニカを拠点に活動する強奪グループのリーダー。

ブライアン・オコナー役:ポール・ウォーカー

元ロス市警のFBI捜査官。
麻薬密売の大物であるブラガの行方を追っている。

レティ・オルティス役:ミシェル・ロドリゲス

ドミニクの恋人。
運転技術はもちろん、整備の腕もピカイチ。
ドミニク率いる強奪グループの一員。

ミア・トレット役:ジョーダナ・ブリュースター

ドミニクの妹。
ドミニクたちやブライアンとは距離を置いている。

ハン役:サン・カン

ドミニクの仲間。
ドミニク率いる強奪グループの一員。

ジゼル・ヤシャール役:ガル・ガドット

大物麻薬密売人ブラガの部下。

【あらすじ】

ドミニクは、ドミニカを拠点に活動する強奪グループを率いていた。
しかし、捜査の手は近づいてきていた。
ある日、仲間のガレージが捜索されたことをきっかけに、ドミニクはチームの解散を告げる。
そして、最愛の人であるレティに火の粉が降りかからないよう、ドミニクは彼女の前から姿を消した。

パナマで逃亡生活を送るドミニクのもとに、妹のミアから「悲報」が届く。
レティが何者かにより殺害された。
ロスに戻ったドミニクは葬儀に参列し復讐を誓う。

手がかりを探すためレティの死亡現場を訪れたドミニク。
道路には、ニトロ原料とタイヤ痕が残っていた。
違法改造車の持ち主が犯人だと特定したドミニクは、復讐をするため現場を後にする。

そのころ、ブライアンはFBI捜査官として「ある麻薬組織」の捜査を担当していた。
組織を率いるのは大物密売人のブラガ。
その正体はベールに包まれており、捜査は難航していた。
懸命の捜査の末、組織の運び屋として「ある違法改造車の存在」に辿り着く。

車の所有者を追うブライアンは、旧友ドミニクと鉢合わせる。
2人は同じ人物を追っていたのだった。

「レティの仇討ち」と「組織の殲滅」。
それぞれ別の道を進んだ二人は、やがて同じ場所で交差する。

レティの命を奪った犯人とは?謎の密売人ブラガの正体とは?

SNSでの評判

相変わらずの迫力満点のカーアクション。

ストーリーは「復讐」の物語なので、共感しやすい話ですね。

第5作:ワイルド・スピード/MEGA MAX(2011年)

  • 作品時間:130分
  • 監督:ジャスティン・リン
  • 出演:ヴィン・ディーゼル, ポール・ウォーカー, ジョーダナ・ブリュースター,タイリース・ギブソン,クリス・“リュダクリス”・ブリッジス,サン・カン,ガル・ガドット,ドウェイン・ジョンソンほか

【主要キャスト】

ドミニク・トレット役:ヴィン・ディーゼル

超一流の運転技術を持つ凄腕ドライバー。
家族の絆を人一倍大切にしており、仲間を「ファミリー」として大切にしている。
強奪グループのリーダーとして数々の事件を起こしたため、懲役25年の判決を受けた。

ブライアン・オコナー役:ポール・ウォーカー

元ロス市警、元FBI捜査官という経歴を持つ。
ドミニクファミリーの一員で、ミアの恋人。

ミア・トレット役:ジョーダナ・ブリュースター

ドミニクの妹でブライアンの恋人。

ローマン・ピアース役:タイリース・ギブソン

ブライアンの幼馴染み。
運転技術はブライアンのお墨付きでチームに参加。

テズ・パーカー役:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス

ブライアンとはマイアミ時代からの友人。
電子機器に精通するメカニックとしてチームに参加。

ハン役:サン・カン

ドミニクの仲間。

ジゼル・ヤシャール役:ガル・ガドット

大物麻薬密売人ブラガの部下だった過去を持つ。
抜群のドライビングテクニックを持ち、命の恩人であるドミニクのチームに加わった。

ルーク・ホブス役:ドウェイン・ジョンソン

アメリカ外交保安部(DSS)の凄腕捜査官。
国際指名手配犯のドミニクたちを逮捕するためにブラジルで捜査を行う。

【あらすじ】

お尋ね者のドミニクは、相棒の元FBI捜査官のブライアンとブラジルのリオデジャネイロで暮らしていた。そんな彼らのもとにある依頼が舞い込む。

押収された高級車2台を奪還して欲しいという依頼だった。

難なくミッションをこなしたドミニクたちだったが、そんな彼らを狙っている人物がいた。
その人物とは、アメリカ連邦捜査官のホブス。
ドミニクたちを逮捕するため、ホブスは有能な部下を引き連れ、ブラジルにやってくる。

一方で、ドミニクたちは「ある出来事」がきっかけで、逃亡生活に終止符を打つことを決意していた。そこで彼らはイチかバチかの賭けに出る。
それは、ブラジル裏社会の大物から現金1億ドルを強奪することだった。

自由を手に入れるため、ドミニクたちは、かつての仲間を集めることに。
顔なじみである凄腕のドライバーが続々とブラジルに集結し、「チーム・ドミニク」を結成する。

SNSでの評判

ファン歓喜のオールスターキャストが集結します。

個人的にはカーアクションをたっぷり堪能できるのは『MEGA MAX』まで。

これ以降は、ガンアクションや格闘シーンが増えていく印象ですね。

第6作:ワイルド・スピード/EURO MISSION(2013年)

  • 作品時間:130分
  • 監督:ジャスティン・リン
  • 出演:ヴィン・ディーゼル, ポール・ウォーカー, ジョーダナ・ブリュースター,タイリース・ギブソン,クリス・“リュダクリス”・ブリッジス,サン・カン,ガル・ガドット,ドウェイン・ジョンソン,ルーク・エヴァンズほか

【主要キャスト】

ドミニク・トレット役:ヴィン・ディーゼル

超一流の運転技術を持つ凄腕ドライバー。
家族の絆を人一倍大切にしており、仲間を「ファミリー」として大切にしている。

ブライアン・オコナー役:ポール・ウォーカー

元ロス市警、元FBI捜査官という経歴を持つ。
ドミニクファミリーの一員で、ミアの夫。

ミア・トレット役:ジョーダナ・ブリュースター

ドミニクの妹でブライアンの妻。

ローマン・ピアース役:タイリース・ギブソン

ブライアンの幼馴染み。
「リオの現金強奪作戦」をきっかけにドミニクファミリーとなる。

テズ・パーカー役:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス

ブライアンとはマイアミ時代からの友人。
電子機器に精通するメカニック。
「リオの現金強奪作戦」をきっかけにドミニクファミリーとなる。

ハン役:サン・カン

ドミニクの古くからの仲間。
ジゼルとは恋人の関係。

ジゼル・ヤシャール役:ガル・ガドット

ドミニクの仲間。
大物麻薬密売人ブラガの部下だった過去を持つ。
ハンの恋人。

ルーク・ホブス役:ドウェイン・ジョンソン

アメリカ外交保安部(DSS)の凄腕捜査官。
ドミニクたちには一目置いている。

オーウェン・ショウ役:ルーク・エヴァンズ

元英国特殊空挺部隊員(SAS)
ロンドンを拠点にする犯罪組織のボス。

【あらすじ】

ある日、モスクワで軍事用のマイクロチップを奪われる事件が発生する。

犯行には国際的犯罪組織が関わっており、リーダーは元英国特殊部隊のオーウェン・ショウだった。

アメリカ外交保安部(DSS)は、以前からショウを追跡しており、捜査官ホブスは協力を要請するため、ある男のところへ向かう。

最愛の人たちに囲まれ、平穏な日常を過ごしていたドミニクとブライアン。

そんな彼らのもとにホブスがやってくる。
協力に消極的な姿勢を見せるドミニクだったが、ホブスに手渡された「ある捜査資料」を見て、目の色を変える。

そこには死んだはずの「元恋人レティの写真」があった。

ドミニクはファミリー全員の犯罪歴を帳消しにする条件で捜査協力を受け入れた。

ショウを捕まえるため、レティの死の真相を明らかにするため、
ドミニクはファミリーに声をかけ、イギリスに向かう。

SNSでの評判

今作がワイスピシリーズの分岐点。
ここからカーアクションだけでなく肉弾戦や銃撃戦も楽しめるスタイルになります。

第7作:ワイルド・スピード/SKY MISSION(2015年)

  • 作品時間:138分
  • 監督:ジェームズ・ワン
  • 出演:ヴィン・ディーゼル, ポール・ウォーカー, ジョーダナ・ブリュースター,ミシェル・ロドリゲス,タイリース・ギブソン,クリス・“リュダクリス”・ブリッジス,ドウェイン・ジョンソン,ナタリー・エマニュエル,ジェイソン・ステイサムほか

【主要キャスト】

ドミニク・トレット役:ヴィン・ディーゼル

超一流の運転技術を持つ凄腕ドライバー。
家族の絆を人一倍大切にしており、仲間を「ファミリー」として大切にしている。

ブライアン・オコナー役:ポール・ウォーカー

元ロス市警、元FBI捜査官という経歴を持つ。
ドミニクファミリーの一員で、ミアの夫。

ミア・トレット役:ジョーダナ・ブリュースター

ドミニクの妹でブライアンの妻。

レティ・オルティス役:ミシェル・ロドリゲス

ドミニクの恋人。
運転技術はもちろん、整備の腕もピカイチ。
事故の後遺症で記憶を失っている。

ローマン・ピアース役:タイリース・ギブソン

ブライアンの幼馴染み。
「リオの現金強奪作戦」をきっかけにドミニクファミリーとなる。

テズ・パーカー役:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス

ブライアンとはマイアミ時代からの友人。
電子機器に精通するメカニック。
「リオの現金強奪作戦」をきっかけにドミニクファミリーとなる。

ルーク・ホブス役:ドウェイン・ジョンソン

アメリカ外交保安部(DSS)の凄腕捜査官。
ドミニクたちには一目置いている。

ラムジー役:ナタリー・エマニュエル

凄腕のハッカー。
人物監視プログラム「ゴッド・アイ」の開発者。

デッカード・ショウ役:ジェイソン・ステイサム

元イギリス軍特殊部隊員。
弟の仇討ちのためにドミニクファミリーに襲いかかる。

【あらすじ】

アメリカ外交保安部(DSS)本部に謎の侵入者が現れる。
侵入者の正体はデッカード・ショウ。
元イギリス特殊部隊員で秘密諜報機関にも在籍していた男だった。

デッカードは、PCをハッキングし、「ドミニクファミリー」の居場所を突き止める。
すべては「弟の復讐のため」。
復讐の始まりはDSS捜査官のホブス。
彼の身にデッカードの毒牙が襲いかかる。
激しい肉弾戦の末、ホブスは敗れ重傷を負ってしまう。

次なる復讐のため、デッカードは、「東京」へ向かう。

平穏な日々を過ごしていたドミニクたちの元に、東京から1本の電話が入る。
「お前たちの仲間を殺した。」
復讐の鬼と化したデッカードと、仲間の仇討ちに燃えるドミニクたち。

最凶の男を倒すため、ドミニク、そしてブライアンら“ファミリー”は最後の手段で賭けに出る。

SNSでの評判

復讐に燃える相手は最凶の敵。
格闘OK、銃撃OK、運転OKの3拍子揃ったショウは驚異的。

ちなみに本作と「TOKYO DRIFT」のとあるシーンがリンクします。

この作品の撮影中に悲劇が起きました。
2013年12月01日ブライアン役のポール・ウォーカーが交通事故により死去。
チャリティイベントに向かう途中のことでした。

彼の実弟コーディー・ウォーカーが代役を務め、顔はCG技術を使用。
最後までポール・ウォーカーの姿を見れます。

ちなみに主題歌の「See You Again」は、
亡くなったポール・ウォーカーのために作られました。

ポールへの愛を感じる歌詞で、この曲を聞くたびに目頭が熱くなります。

作品のエンディングは涙なしでは見れません。

以降の作品では、ブライアンは直接登場しません。
ですが、存在をほのめかすセリフや演出が度々あります。

ファンとしてはありがたい心遣いですね。

第8作:ワイルド・スピード/ICE BREAK(2017年)

  • 作品時間:136分
  • 監督:F・ゲイリー・グレイ
  • 出演:ヴィン・ディーゼル, ミシェル・ロドリゲス,タイリース・ギブソン,クリス・“リュダクリス”・ブリッジス,ドウェイン・ジョンソン,ナタリー・エマニュエル,ジェイソン・ステイサム,シャーリーズ・セロンほか

【主要キャスト】

ドミニク・トレット役:ヴィン・ディーゼル

超一流の運転技術を持つ凄腕ドライバー。
家族の絆を人一倍大切にしており、仲間を「ファミリー」として大切にしている。

ミア・トレット役:ジョーダナ・ブリュースター

ドミニクの妹でブライアンの妻。

レティ・オルティス役:ミシェル・ロドリゲス

ドミニクの恋人。
運転技術はもちろん、整備の腕もピカイチ。
事故の後遺症で記憶を失っている。

ローマン・ピアース役:タイリース・ギブソン

ブライアンの幼馴染み。
「リオの現金強奪作戦」をきっかけにドミニクファミリーとなる。

テズ・パーカー役:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス

ブライアンとはマイアミ時代からの友人。
電子機器に精通するメカニック。
「リオの現金強奪作戦」をきっかけにドミニクファミリーとなる。

ルーク・ホブス役:ドウェイン・ジョンソン

アメリカ外交保安部(DSS)の凄腕捜査官。
ドミニクたちには一目置いている。

ラムジー役:ナタリー・エマニュエル

ドミニクの仲間で凄腕のハッカー。

デッカード・ショウ役:ジェイソン・ステイサム

元イギリス軍特殊部隊員。

サイファー役:シャーリーズ・セロン

サイバーテロリスト。
ドミニクたちとは根深い因縁を持っている。

【あらすじ】

ドミニクはレティとハバナでのバカンスを楽しんでいた。

ある日、ドミニクはサイファーと名乗る女性と出会い、彼女の仲間になるように誘われる。
ドミニクは断りを入れ、その場を去ろうとしたとき、サイファーに「ある写真」を見せられる。

大量破壊兵器「電磁パルス砲」がベルリンの武器商人に奪われる事件が発生。
アメリカ外交保安部は、ホブスに「電磁パルス砲の奪還任務」を与える。

ホブスはドミニクたち「ファミリー」を招集し、ベルリンの敵のアジトに乗り込む。
奪還作戦は成功し「電磁パルス砲」を手に入れた。

ところがドミニクが裏切りホブスを攻撃する。
電磁パルス砲を手に、サイファーのもとへ逃走してしまった。

誰よりもファミリーを大切にしてきたドミニク。
彼の裏切りによってファミリーは崩壊の危機に直面。

なぜ裏切ったのか…
ファミリーは、ドミニクを止めるため、かつての敵デッカード・ショウと手を組む事に…

果たして「ドミニクファミリー」の運命は!?

SNSでの評判

ドミニクファミリーが世界を股にかけて活躍します。
カーアクションも「ヤバい」しか言えない大迫力。

スゴすぎて笑いが出ます(笑)。

スピンオフ作品:ワイルド・スピード/スーパーコンボ(2019年)

  • 作品時間:135分
  • 監督:デヴィッド・リーチ
  • 出演:ドウェイン・ジョンソン, ジェイソン・ステイサム,イドリス・エルバ,ヴァネッサ・カービー ほか

【主要キャスト】

ルーク・ホブス役:ドウェイン・ジョンソン

元アメリカ外交保安部(DSS)の捜査官。
ショウとは犬猿の仲。

デッカード・ショウ役:ジェイソン・ステイサム

元イギリス軍特殊部隊員で元MI6エージェント。
ホブスとは犬猿の仲。

ブリクストン役:イドリス・エルバ

元MI6エージェントでテロ組織「エティオン」の一員。
全身黒のハイテクスーツに身を包み、超人的な能力を発揮する。
ショウとの間に深い因縁を持つ。

ハッティ・ショウ役:ヴァネッサ・カービー

デッカードの妹でMI6のエージェント。
MI6の裏切り者としてデッカードとは距離を置いている。

【あらすじ】

イギリス・ロンドン。
MI6の部隊が新型ウイルス兵器「スノーフレーク」の輸送任務中に、テロ組織「エティオン」の襲撃を受ける。

ブリクストンと名乗る男により、部隊はほぼ壊滅。
唯一の生き残りであるMI6エージェント・ハッティは、ウイルス共に姿を消した。

英米両政府は、この非常事態に2人の男に白羽の矢を立てる。
元アメリカ外交保安部(DSS)の捜査官ルーク・ホブスと、元イギリス軍特殊部隊員・元MI6エージェントのデッカード・ショウ。

犬猿の仲である二人に与えられたミッションは、
「ウイルス共に消息不明になったハッティを保護する」というもの。

しぶしぶ協力することにしたホブスとショウ。
相性最悪のコンビが世界を救うために立ち上がる。

SNSでの評判

スピンオフ作品で、肉体派俳優の二人が主演。
アクションは銃撃戦、格闘が多めです。

本家の『ワイルドスピード』シリーズとは一味違った面白さ!

第9作:ワイルド・スピード/ジェットブレイク(2021年)

  • 作品時間:145分
  • 監督:ジャスティン・リン
  • 出演:ヴィン・ディーゼル, ミシェル・ロドリゲス,ジョーダナ・ブリュースター,タイリース・ギブソン,クリス・“リュダクリス”・ブリッジス,ナタリー・エマニュエル,シャーリーズ・セロン,ジョン・シナほか

【主要キャスト】

ドミニク・トレット役:ヴィン・ディーゼル

超一流の運転技術を持つ凄腕ドライバー。
家族の絆を人一倍大切にしており、仲間を「ファミリー」として大切にしている。

ミア・トレット役:ジョーダナ・ブリュースター

ドミニクの妹でブライアンの妻。

レティ・オルティス役:ミシェル・ロドリゲス

ドミニクの妻。
運転技術はもちろん、整備の腕もピカイチ。

ローマン・ピアース役:タイリース・ギブソン

ブライアンの幼馴染み。
「リオの現金強奪作戦」をきっかけにドミニクファミリーとなる。

テズ・パーカー役:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス

ブライアンとはマイアミ時代からの友人。
電子機器に精通するメカニック。
「リオの現金強奪作戦」をきっかけにドミニクファミリーとなる。

ラムジー役:ナタリー・エマニュエル

ドミニクの仲間で凄腕のハッカー。

サイファー役:シャーリーズ・セロン

サイバーテロリスト。
ドミニクたちとは根深い因縁を持っている。

ジェイコブ・トレット役:ジョン・シナ

トレット3兄妹の次男。ドミニクの弟でミアの兄。
ある出来事がきっかけでドミニクに縁を切られた。
類まれな運転技術や格闘センスは、兄ドミニクにも負けない。

【あらすじ】

ドミニクはレティと幼い息子のブライアンの3人で平穏な日々を送っていた。

ある日、ドミニクは仲間のピンチを知り、すぐさま駆けつける。

ローマンら“ファミリー”と合流したドミニクは、
現場で世界中のコンピュータシステムを操る装置「アリエス」を見つける。

すると急襲を受ける。
装置を奪っていった襲撃者は、なんとドミニクの弟であるジェイコブだった。

凄腕の殺し屋で一流ドライバーであるジェイコブは、
実は某国の独裁者組織の一員として暗躍していたのだった。

ドミニクたちは世界を巻き込むテロ計画を止めるため動き出すことに。

「ドミニクVSジェイコブ」の戦いの火蓋が落とされる。

SNSでの評判

常に進化し続けるカーアクション。

常識を吹っ飛ばすレベル続出です。

SFカーアクションと呼べるくらい(笑)。

ちなみに作品中にスープラが登場します。
ブライアンの愛車が出てくると胸が熱くなりますよ。

最新作『ワイルド・スピード10』は2023年05月19日に全米公開予定

現在、シリーズ最新作『ワイルド・スピード10』が制作されています。
2部作となる今作が最終章で、シリーズ完結となります。

  • ワイルド・スピード10/パート1
    →2023年05月19日全米公開予定
  • ワイルド・スピード10/パート2
    →2024年公開予定

気になるキャストですが「ドミニクファミリー」勢ぞろいとなりそうな雰囲気。

出演が確定しているキャストは、

  • ドミニク・トレット役:ヴィン・ディーゼル
  • レティ・オルティス役:ミシェル・ロドリゲス
  • ミア・トレット役:ジョーダナ・ブリュースター
  • ローマン・ピアース役タイリース・ギブソン
  • テズ・パーカー役:クリス・“リュダクリス”・ブリッジス
  • ハン役:サン・カン
  • ラムジー役:ナタリー・エマニュエル

さらにデッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサム。

ジェイコブ・トレット役のジョン・シナ。

サイファー役のシャーリーズ・セロン。

といったキャストも出演するようです。

『ワイルド・スピード10』で新たにキャスティングされたのは現時点で3名。

ジェイソン・モモア。

ダニエラ・メルシオール。

ブリー・ラーソン。

気になる役どころですが、ジェイソン・モモアは悪役を務めることが明らかになっています。

女性陣の役どころは現時点で不明。
続報が待たれますね。

シリーズ最終章である『ワイルド・スピード10』。
過去の作品に登場したキャストが大集結する様子で今後も最新情報から目が離せません。

過去の作品では、制作陣の「ワイスピ愛」がひしひしと伝わってきました。
最新作もファン歓喜な内容を楽しめる気がします。

2001年から20年以上も続いた『ワイルドスピード』シリーズもついに最終章を迎えます。
今のうちに『ワイルド・スピード』の過去作品を見まくって、最新作の公開に備えましょう♪

【プライムビデオは「ワイルドスピード全作品」を見放題配信中】

2022年07月19日現在。
『ワイルド・スピード』全作品を見放題配信中なのは「プライムビデオ」だけ。

シリーズ全作が見放題作品なので、追加料金無しで楽しめる♪

\プライム会員に登録で「プライムビデオ」も楽しめる/

プライムビデオについて詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました