めざまし新お天気キャスターに就任!林祐香さんってどんな人?

めざましテレビお天気キャスターの林祐香の経歴や学歴、性格
ニュース話題の人
スポンサーリンク

こんにちは。
わっしょいです!

今年の4月で放送29年目に入る「めざましテレビ」(月~金曜前5・25)。
日本社会に癒やしを届けているのはお天気キャスター。
この度、そんなお天気キャスターが代わることが発表されました。

新たに就任するのは、林佑香(19)さん。

林佑香さんがいったいどんな人なのか、調べてみました。

スポンサーリンク

【プロフィール】林佑香さん

  • 所属事務所
    セントフォース
  • 生年月日
    2002/04/20
  • 身長
    160㎝
  • 出身地
    アメリカ ロサンゼルス
  • 学歴
    慶應義塾大学法学部政治学科 在学中
  • 趣味
    ショッピング
    作品鑑賞(ミュージカル映画やドラマ)
    旅行
    野球観戦
  • 特技
    英語
  • 資格
    IELTS7.0(TOEIC900点前後レベル)
    英検準1級

・アメリカ西海岸育ちの帰国子女

林佑香さんは1歳半から9歳までアメリカ・ロサンゼルスで過ごしました。
小さい頃はMLBのロサンゼルス・エンゼルスの本拠地である「エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム」の近くに住んでいたそうです。
エンゼルスは大谷翔平選手が所属していることでも有名なチームですね!

林佑香さんは家族と一緒にスタジアムによく足を運んでいたそうです。
当時は松井秀喜選手が所属中。
家族みんなで松井選手の応援をしていたとのこと。

野球好きとしては本当に羨ましい幼少期。
子供のころからメジャーリーグの試合を観戦、しかもゴジラ松井選手のプレーを生で観たことがあるなんて…野球ファンの理想的な生活ですよ。

趣味が野球観戦なのも納得です。
こんなん野球を大好きになるに決まってますよね!

・現在慶應大学法学部政治学科1年の女子大生

林佑香さんは、慶應大学法学部政治学科1年生。
4月からは仕事と学業を両立する多忙な生活を送ることになります。

林佑香さんがお天気キャスターを担当するのは「月~木」まで。
日曜~水曜は早寝早起きの生活。
どうやら大学生活のある種の醍醐味である「怠惰な生活リズム」とは無縁となりそう。

かなりハードな日常を送ることが予想される林佑香さん。
インタビューで意気込みを語っています。

体力には自信があります。
早起きは得意で、しっかり朝食もとっており、そのおかげかめったに体調は崩しません。

引用元:林佑香が『めざましテレビ』8代目お天気キャスターに!憧れは「阿部華也子さん」フジテレビュー!!公式HP

林佑香さんは体力に自信があり、また早起きも得意とのこと。
まぁよく考えたら早起きが苦手な人に「お天気キャスター」のオファーは届きませんよね(笑)。

・将来の夢はやっぱり法律関係?

林佑香さんは、大学で法律を学んでいます。
ということは、やっぱり目指している進路は、裁判官や検察官、弁護士といった法曹関係なのでしょうか?

もし法曹の世界に進むのであれば、林佑香さんの姿に癒やされる時間は限られてきますね…

林佑香さんは、自身の将来について、

さまざまな分野についての知識を深め、報道やスポーツ、バラエティなど多方面で幅広く活躍できるアナウンサーになりたいです。

引用元:林佑香が『めざましテレビ』8代目お天気キャスターに!憧れは「阿部華也子さん」フジテレビュー!!公式HP

アナウンサーとしてのキャリアを歩んでいくと決めているようです!!

また自身の強みについて、

目標を決めたら、それに向かって最大限努力できるところです。
心配性な性格で、周りからはやりすぎと言われるくらい準備してしまいます(笑)。
そういう努力は苦にならず、逆に充実した時間に感じます。

引用元:林佑香が『めざましテレビ』8代目お天気キャスターに!憧れは「阿部華也子さん」フジテレビュー!!公式HP

目標に向かって努力する推進力に自信があるそうで、用意周到な性格。
とてもストイックな人のようですね。

ということは…これから長い間、林佑香さんの活躍を目にすることができそうです!!
いや~良かった!!

【まとめ】

林佑香さんは帰国子女で現役慶應大生。
「目標に向かって最大限努力できること」が強みの女性です。

そんな林佑香さんの座右の銘は「一期一会」。
今まで経験した多くの出来事や素敵な人との出会いが、林佑香さんを形成してきました。
持ち前の誠実さを発揮して、これからも仕事や出会いを大切にしていきたいとのこと。

「めざましテレビ」の新お天気キャスターの林佑香さんは、
人との出会いを大切に、相手の魅力を引き出す、そんな人物でした♪

【参考文献】

コメント

タイトルとURLをコピーしました