【女子フィギュア】アゼルバイジャン代表エカテリーナ・リャボワ選手

エカテリーナ・リャボワ
ニュース
スポンサーリンク

色んな意味で世界中の注目を集めた「北京五輪2022フィギュアスケート女子シングル」。
そんな中、ショートプログラム(SP)が行われました。

各選手たちの衣装は華やかで、豪華絢爛。
SNS上ではそれぞれの「推し」を挙げているツイートも目立っていました。

特に注目を集めたのが「エカテリーナ・リャボワ選手」。

  • 回るとスカートがきれいに開いてアネモネのお花みたい
  • グラデーションが綺麗
  • まるで孔雀のような衣装
  • リャボワさんをこの上なく引き立てる衣装作った人天才

みなの心を鷲掴みにしました。

エカテリーナ・リャボワ選手はどのような人物なのか、現時点で把握できた情報をまとめました♪

スポンサーリンク

エカテリーナ・リャボワ(Ekaterina RYABOVA):フィギュアスケート

【プロフィール】

  • 国籍:アゼルバイジャン
  • 生年月日:2003年03月27日
  • 身長:164cm
  • 種目:女子シングル【ショートプログラム(SP)&フリープログラム(FP)】
  • パーソナルベスト
    合計スコア:196.75点(2022年欧州選手権)
    ショートプログラム:65.47点(2022年欧州選手権)
    フリープログラム:131.28点(2022年欧州選手権)

【主な成績】

  • 世界選手権
    2018~19シーズン:13位
    2019~20シーズン:中止
    2020~21シーズン:12位
  • 欧州選手権
    2018~19シーズン:12位
    2019~20シーズン:6位
    2020~21シーズン:6位

アゼルバイジャン代表だけど…

アゼルバイジャンは旧ソ連の構成国でした。
地形はコーカサス山脈とカスピ海に囲まれています。
アジアとヨーロッパの間に位置している国ですね。

首都のバクーは「イチェリ・シェヘル(内城)」と呼ばれる中世の城壁に囲まれた旧市街が有名。
人口は約1000万人で、だいたい神奈川県(約900万人)と同じ人口です。

アゼルバイジャンの国籍を持っているリャボワ選手ですが、
実はロシアのモスクワ生まれでモスクワ在住なんだそうです。

現在大学生でフィギュア選手と学業を両立する忙しい日々。
趣味は読書とサッカー観戦で、忙しない日常の息抜きをしているみたいですね。
インドア派でもありアウトドア派でもあるバランスの良い趣味。

レジェンドからの指導経験あり

かつてエフゲニー・プルシェンコ氏の指導を受けていたこともあったようで、
男子フィギュアスケート界のレジェンドから直々に教えてもらえる実力を持っています。

フィギュア一家

家族構成は4人家族。
ご両親はフィギュアスケートの経験があるようで、
リャボワ選手は、ときおりアドバイスを受けることもあるのだとか。
また、7歳下の妹であるアンナさんも競技スケーターとして活躍中。
フィギュアが生活の中心にあるご家庭のようですね。

将来、国際的な舞台で、エカテリーナ&アンナ姉妹の活躍が見れるかもしれませんね♪

今大会には他にも多くの美人アスリートが出場しています。
あなたの推しはどの選手ですか?

参考文献

コメント

タイトルとURLをコピーしました