ふつおたのネタ探しは「5W1H」を意識すべし

ふつおた文章術
スポンサーリンク

「ふつうのおたより」、いわゆる「ふつおた」。

  • 作品やイベントなどの感想
  • 日常の出来事について

など、「ふつおた」の内容はなんでもOK。

ふつおたの内容をもとに話が広がると…
推しがどんな性格で、どんな価値観で、どんな生活をしているのか、「推しの人となり」がわかる。

推しのことを知るうえで、「ふつおた」は欠かせない存在なんです。

とくに「日常の出来事」が内容の「エピソード系ふつおた」は、推しの意外な魅力も引き出せる。
番組の盛り上がりを左右する重要な役割を「エピソード系ふつおた」は、担っているんです!!

推しを引き立てる「エピソード系ふつおた」ですが、
これに関して、ある悩みを抱えている人も多いはず。

「エピソード系ふつおた」を書きたいけど、ネタが見つからない…

SNSで、このような声をちらほら見かけました。

日常生活は「ふつおたのネタ」であふれています。
ただ、うまく見つけるには、ちょっとしたコツが必要なんです。

  • ふつおたを採用されたい
  • 推しを楽しませたい
  • 番組を盛り上げたい

そういった方に向けて「ふつおたのネタを見つけるコツ」を解説します!!

採用実績

推しの声優である西明日香さんの番組『にししのらじじ』の常連リスナーです!!
今まで採用されたメールは60通以上!!
・推しに認知してもらっています!!

結論:「5W1H」を使えばネタが見つかる

日常生活から「ふつおたのネタ」を見つけるコツは「5W1H」を使うこと。

  • WHO:誰が
  • WHY:なぜ
  • WHAT:何が
  • WHEN:いつ
  • WHERE:どこで
  • HOW:どのように

これに当てはめて考えるだけでネタに気づけます。
「5W1H」というメガネをかけることで、出来事を6つの視点で眺められるようになるんです。

え?たったそれだけ?

たったこれだけ!!
「5W1H」を使えば「ふつおたのネタ」は見つかります!!
おかげで、私は推しの番組で常連リスナーになれました!!

いろいろな切り口から「ネタ」を発見するクセが付けば、
ネタ切れの心配と無縁の日常がやってきます。

つまり…採用&推しからの認知をゲットできる!!
「5W1H」で、ふつおたのネタ探しに苦労する日々と、おさらばしましょ!!

記事の最後に「ふつおた関連でおすすめの記事」をご紹介します。
ぜひチェックしてもらえると、嬉しさがスプラッシュマウンテン♪

ちなみに「連想ゲーム」を使っても、ふつおたのネタは見つかるんです。
詳細はこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

【「ふつおたのネタ」って何?】

ふつおたやラジオメールのネタは「5つの箇条書き」がベース

ふつおたのネタは「4つの箇条書きと質問」からできています。

「ふつおたのネタ」をもとに、150~200文字の文章量にすれば「ふつおた」の完成。

質問は「①事柄(要点)」に関連する内容にしてください!
こうすることで文章がまとまります。

「ふつおたのネタ」を見つけるために、必要なのが「5W1H」なんです!!

【「5W1H」で出来事を分解する】

Image by Gerd Altmann from Pixabay

「5W1H」は、6つの言葉から成っています。

  • WHO:誰が
  • WHY:なぜ
  • WHAT:何が
  • WHEN:いつ
  • WHERE:どこで
  • HOW:どのように

各言葉の頭文字を取って「5W1H」と呼ばれています。

この「5W1H」を使えば、日常の出来事を6つの視点で観察できる。
なので「ふつおたのネタ」を見つけやすくなるんです。

日常の出来事から「ふつおたのネタ」を抽出するなら「5W1H」がおすすめ!!

これから実際に「5W1H」を使ってみたいと思います。
「ラーメン屋に行った」という出来事から「ふつおたのネタ」を見つけてみましょう。

・WHO:誰が

Image by Kohji Asakawa from Pixabay

私がラーメン屋に行ったときは、2つのタイプの人がいました。

  • 店員:店長とバイトさんが4人
  • 客:私と友達、他に6人ほど

店内を見渡していると1人気になるお客さんが…
50代らしき男性。彼の服装に驚いたんです。

Photo by Afif Kusuma on Unsplash

帽子:アディダス
Tシャツ:ナイキ
スニーカー:プーマ

「スポーツブランドごちゃ混ぜおじさん」だったんです。

この出来事を「ふつおたのネタ」にしてみると、

  • 事柄(要点)
    ラーメン屋に入ると目に飛び込んできたのは「不揃いのブランド」。
    「スポーツブランドごちゃ混ぜおじさん」だったんです。
  • 事柄
    麺をすする50代らしきおじさん。上からアディダス、ナイキ、そしてプーマ。
  • 事柄
    気のせいかと思って、今度は下から見てみると、プーマ、ナイキ、アディダス。
    やっぱりな結果だった。
  • 結末
    ブランドがバラバラなのは、あえてなのか、間違いなのか…
    気になりすぎてラーメンに集中できなかった。
  • 質問
    違うスポーツブランドを同時に身につけるのはアリですか?

このようになりました。
個人的には「身につけるブランドは統一したい勢」なので、めちゃくちゃ気になって…
ホントにラーメンどころじゃありませんでしたよ(笑)。

「5W1H」で観察する癖がつけば、周囲をチェックする習慣が付きます。
常に周りにアンテナを張っているので「ネタ」に気づきやすくなる。

・WHY:なぜ

私が友達とラーメン屋に行った理由は「頑張ったご褒美」です。

達成感を味わうと、無性にラーメンを食べたくなるんですよね。

  • 事柄(要点)
    頑張ったご褒美にお気に入りのラーメン屋に行ったんです。
  • 事柄
    食べたのは、大好きなしょうゆラーメン。
  • 事柄
    久しぶりのラーメンなのでトッピングを贅沢に全部のせ。
  • 結末
    完食後、(死ぬ前に食べるならやっぱラーメン)と実感しました。
  • 質問
    頑張った自分にどんなご褒美をあげていますか?

こんな感じで「ふつおたのネタ」のいっちょあがり!!

人によって行動する理由はさまざまです。
もしかしたら、あなたの行動理由がきっかけで「推しの意外な一面」が明らかになるかも?

・WHAT:何が

Image by NaoYuasa from Pixabay

ラーメン屋の話でいうと「食べ物」が良さそうですね。
この日食べたものは、

  • 醤油ラーメン(トッピング全部乗せ)
  • チャーハン
  • 餃子

でした。

「ふつおたのネタ」として良さそうなのは、

  • ラーメンで好きな具材
  • 必ず頼むメニュー

といったあたりですかね。

今回は「好きな具材」でネタを作ってみます。

  • 事柄(要点)
    ラーメンの具材で一番好きなのは「チャーシュー」なんですよね。
  • 事柄
    大好きなしょうゆラーメン。
    トッピング全部盛りにしたのに圧倒的な存在感を放つチャーシュー。
  • 事柄
    歯がスッと通るほどのホロホロ肉を食らう瞬間は、至福。
  • 結末
    (NOチャーシュ,NOラーメン)
    そんな風に思いました。
  • 質問
    ラーメンで一番好きな具材はなんですか?

お店のチャーシューってなんであんなに美味しいんだろうなぁ。
不思議だな~

・WHEN:いつ

Image by cplz99atcsnilyk from Pixabay

ラーメンを食べに行ったのは土曜の午後。
ちょうどおやつがほしくなる時間帯でした。

ここでは、休日での過ごし方で「ふつおたのネタ」を考えてみます。

  • 事柄(要点)
    休日に友達とラーメンを食べにいったんです。
  • 事柄
    自分たちがよく行くお店で、ここの味を身体が無性に求める時があるんです。
  • 事柄
    一週間頑張った身体、大好きな醤油ラーメンが五臓六腑に染み渡る。
  • 結末
    (友達とラーメンを食べて過ごす休日っていいな)あらためてそう思いました。
  • 質問
    休日はどんなことをして過ごすのが好きですか?

家でダラダラ過ごす休日もいいですが、
気心が知れた仲の人間と一緒にラーメンをすするのも、乙なものですよね。

・WHERE:どこで

Image by Philippsaal from Pixabay

食べに行ったラーメン屋は近所の行きつけのお店でした。
味が美味しいのはもちろんなんですけど、雰囲気も好きなんですよね。

外観は木造風で割とレトロな雰囲気。
昭和っぽいポスターやインテリアがあって、非日常を味わえるんです。

「お気に入りの場所」という視点からふつおたのネタを作ってみます。

  • 事柄(要点)
    行きつけのラーメン屋で過ごす時間が大好きなんですよね。
  • 事柄
    外観は木造風で、内装は昭和っぽいポスターやインテリア。
  • 事柄
    昭和の昔ながらのラーメン屋さんの雰囲気なんです。
  • 結末
    美味しいラーメンと昭和感という非日常を味わえる、このお店がお気に入りです。
  • 質問
    お気に入りの場所ってありますか?

平成生まれからすれば、昭和の雰囲気は映画やドラマの世界。
非日常の世界なので、昭和の雰囲気も味わえるのは嬉しい限り。

・HOW:どのように

Image by takedahrs from Pixabay

ラーメンの食べ方って人によって違いますよね。
とくに「最初の一口をどこから食べるか」って人によりけり。

  • スープを飲む
  • 麺をすする
  • 具材を食べる

最初の一口は、このいずれか。
ラーメンの食べ方で「ふつおたのネタ」を考えてみると、浮かんだのは…

好きなものを食べるタイミングは最初か最後か、ということ。

  • 事柄(要点)
    好きなものは最後のお楽しみにとっておくタイプなんです。
  • 事柄
    ある日行きつけのラーメン屋で大好きな醤油ラーメンを食べました。
  • 事柄
    トッピングは「チャーシューとメンマ、なると、ネギに、ほうれん草」というシンプルスタイル。お楽しみは、やっぱりチャーシュー。
  • 結末
    ラーメンの最後の一口は、かならずチャーシューを一気に頬張って食べ終わります。
  • 質問
    好きなものは最初に食べますか?最後に食べますか?

ラーメンだけに限らず、好きなものは最後にとっておくタイプなんですよ。
物心ついたときから、この食べ方なんですけど、なぜそうなったのかは謎。
誰かの影響なんですかね。不思議だな~

【まとめ】

「5W1H」を使って、日常生活の出来事からふつおたのネタを見つける方法を解説しました。
私はこの方法で「ふつおたのネタ」を見つけています。

1つの出来事を6つの切り口で眺められるので「ふつおたのネタ」を見つけやすくなる!!

人間観察や周囲を観察すれば、
さらに「ふつおたのネタ」を見つけやすくなります

日常生活に「5W1H」の視点を取り入れてみてください。
いろいろなことを発見できて、ふつおたを作れるようになりますよ♪

【おすすめのふつおた関連記事】

「伝わる文章の書き方」はこちら

「ふつおたのネタ」を見つける方法はこちら

「採用されているふつおたの書き方」はこちら

【採用されているふつおたの書き方】すぐ使える常連リスナーの文章術
推しに「ふつおた」を読まれたい方必見! この記事では「採用されているふつおたの書き方」を解説!! 実は「ふつおた」って、たったの3ステップで書けちゃうんです。 この記事を読めば「推しに読まれるふつおたの書き方」がわかっちゃいますよ♪

「推しの印象に残るRNの考え方」はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました